« ボクらが知らないことは多すぎる | トップページ | 10万円給付が離婚した元夫に…再検討を求めても届かないひとり親 救済訴える »

2022/01/17

まずは施政方針演説

 深夜に届いた原稿を朝から読んで、号泣。泣き虫だからねえ。内容的にも結構、うならされた。いくつか原稿がきて、提稿作業をすすめる。あとは、来月インタビュー①の資料読み。なかなかすすまないと、毎日言っている。

 今日から国会がはじまった。まずは施政方針演説。

20220117_223152

 オミクロンも気になるけど、やはり、「新しい資本主義」か。新自由主義の矛盾にもふれ、その転換を「新しい資本主義」でというわけだけど、その成長依存がやはりきになるところ。しかも、成長戦略の内容のうすっぺらさには愕然とする。経済安保もそこに組み込まれるということになる。重視されるのは企業の成長ということ。これは、この間の岸田さんの議論に一貫しているなあ。「人への投資」は完全に、人材になっている。「こども家庭庁」を目玉として掲げるけど、理念はなく、ならべられている施策のなかみが何と言えばいいのか。いまもっとも困っている人への支援とか、多くの人が直面している問題の解決とかは???福島にふれても、「原発事故」という言葉はないのだよね。そして、安保・外交の前のめり、うーん。志位さんが議員団総会で言っていたように、自民党政治との対決ということをしっかりみすけることが大事だと言うことか。

 Netflixの「新聞記者」を2話まで見た。

2_20220117223601

 映画にもまして、すごい内容。圧倒され、息をのみながらみていた。赤木さんをモデルにしたシーンは、ほんとうに涙なしには見られない。吉岡・寺島が熱演。

 完全に心と体のバランスが崩れているので、なんとか持ち直さないと。

« ボクらが知らないことは多すぎる | トップページ | 10万円給付が離婚した元夫に…再検討を求めても届かないひとり親 救済訴える »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボクらが知らないことは多すぎる | トップページ | 10万円給付が離婚した元夫に…再検討を求めても届かないひとり親 救済訴える »

無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30