« 生活保護減額取り消し訴訟、京都地裁が原告側の訴え退ける | トップページ | 【寄稿】子育て世帯に厳しい日本の政策...「子育て罰」なくす1票を 日本大・末冨芳教授 »

2021/09/15

「入管での死亡事件はなぜ繰り返されるのか~施設内の死亡・傷害事件を検証する~」

 今日も、資料読みスタート。朝早く目が覚めて、そこから再び眠れなかったの、やっぱり眠い一日。専門書をうんうん言いながら少しずつ読み進める。いろいろ、調べていくなかで、企画を1つ思いつく。近日中に、確認して、手を打つことを考えようかなあ。まずは、高い本を発注したので、それをざっと眺めよう。ああ、また高い本代の支出(個人もち)、トホホ。

 あまりすすまないなあ、と悩みつつ、時間がすぎて、夕方に。

 夕方からは、日弁連のシンポジウム「入管での死亡事件はなぜ繰り返されるのか~施設内の死亡・傷害事件を検証する~」を聞く。

20210915-1

 ウィシュマさんの事件についての報告と、これまでくり返されてきた入管の死亡事件(21件!)と、暴行事件について、いくつか報告があった。ほんとうに、「不法入国」と決めつけ、犯罪者扱いをして収容し、送還する。権力的なその対応は、人権を踏みにじる暴力しかない。ここまで、くり返され続けている暴力支配……。入管とはいったいなんなんだとあらためて、痛感する。やはり、悲しくなる。と、同時に、強い思いで、取り組まなければとあらためて思う。

 その後、夜には、ある先生の実践を聞く場に参加。初任の時期の経験。しんどさと、その背景にあることを見つめる。学校が権力的、抑圧的になるのは、入管と共通しているようにも思える。そこを乗り越える出会いや経験。うーん。なるほどなあ。割合と、自分の考ええ来たことと重なっていて、とても共感的な内容だった。

 今日の朝顔。夕焼けと曼殊沙華。

20210915_090712 20210915_171031 20210915_171507

 

« 生活保護減額取り消し訴訟、京都地裁が原告側の訴え退ける | トップページ | 【寄稿】子育て世帯に厳しい日本の政策...「子育て罰」なくす1票を 日本大・末冨芳教授 »

日記」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生活保護減額取り消し訴訟、京都地裁が原告側の訴え退ける | トップページ | 【寄稿】子育て世帯に厳しい日本の政策...「子育て罰」なくす1票を 日本大・末冨芳教授 »

無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29