« 「李鶴来(イ・ハンネ) 不条理と闘った男」とその他の番組 | トップページ | 「女装と家族と終活と ~キャンディさんの人生~」 »

2021/08/17

野党4党 新型コロナ“日本は戦後最大級の危機”臨時国会召集を

 今日の朝顔。

20210817_084146

 今日も、腰は回復せず。天候、気圧が大きく影響しているのはまちがいないですが……。

 PCに向かって、座談会①原稿! 作業は半分というところか。あと、2日で一気にやらないと。今日は、提稿作業も、つごう60Pやりました。今月は、ちょうど半分というところかなあ。読まなきゃならない原稿もあるし、明日からは、来月以降の発注もそろそろ本気をださないと、やばいっす。コロナ禍ぐちゃくちゃになってきて、ますます、選挙の行く末がわからないなあ。

野党4党 新型コロナ“日本は戦後最大級の危機”臨時国会召集を(NHK)
 新型コロナウイルスの感染の急拡大が続く中、立憲民主党など野党4党は緊急集会を開き、日本は戦後最大級の危機に直面しており、与野党が協力して対策を議論すべきだとして臨時国会を速やかに召集するよう、重ねて政府・与党に求めました。

 国会内で開かれた野党4党の緊急集会には、立憲民主党の枝野代表、共産党の志位委員長、国民民主党の玉木代表、社民党の福島党首をはじめ、およそ100人が出席しました。

 この中で枝野氏は、感染の急拡大が続く現状について「入院もできずに自宅で放置されている感染者が急増して医療崩壊の状態に陥り、日本は戦後最大級の緊急事態に直面している」と指摘しました。

 そのうえで「臨時国会を開いて知恵を出し合い、現行法の枠内でやりきれることはすべてやりきるべきだ。そのうえで、緊急に必要な立法措置があれば私たちも前例に縛られず対応する」と述べ、臨時国会を速やかに召集するよう、重ねて政府・与党に求めました。

 また、枝野氏は、今の危機を乗り切るには党派を超えた対応が必要だとして、菅総理大臣から与野党党首会談の要請があれば、いつでも応じる考えを示しました。……

 共産党の志位委員長は記者会見で「菅政権の新型コロナ対応は間違った方向に進んでいて、これまでの延長線上では、国民の命や暮らしが守れないことは明瞭だ。正すことができるのは国会だけであり、国民が見ている前で問題点を明らかにしたうえで、打開の方策を見いだしていく必要がある。また、事業者への補償やワクチンの迅速な供給なども求められている」と述べたそうだ。国民の玉木代表も「特別措置法を補償措置とセットで」と。

 憲法にもとづいた臨時国会の要求にこたえない事態がここ数年続いている。このような国難で、国会開会を求める国民の声も大きいはず。政治のゆくえは、ほんとうに注目される局面になっていると思う。

« 「李鶴来(イ・ハンネ) 不条理と闘った男」とその他の番組 | トップページ | 「女装と家族と終活と ~キャンディさんの人生~」 »

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「李鶴来(イ・ハンネ) 不条理と闘った男」とその他の番組 | トップページ | 「女装と家族と終活と ~キャンディさんの人生~」 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31