« 改ざん始めた経緯、不明なまま...「赤木ファイル」開示後も、国は真相究明後ろ向き | トップページ | 「表現の不自由展」会場使用認める決定 大阪地裁 »

2021/07/08

道教大釧路校が学生の生活実態調査 経済的不安増したが6割

 今日は、インタビュー①原稿を仕上げて、発信。ただちにインタビュー②に向かう。知恵袋(力袋)から企画の知恵出しもあり、さらに、いろいろ考えないと。

 なかなか、気持ちが安定したいのはなぜだろう。原因もそうだけど、単純に自分で解決する力ななかなか見えないのなら、迷惑をできるだけかけないことも考えないとなあ。もうちょい、しっかりしないといけない。

 

道教大釧路校が学生の生活実態調査 経済的不安増したが6割(NHK)

 釧路市の大学がコロナ禍での学生の生活実態を調査したところ、経済的な不安が去年よりも増しているという学生が全体の6割近くに上ることが分かりました。

20210708_194647

 北海道教育大学釧路校は学生の生活実態を把握するため、先月、全学生およそ800人を対象にアンケートを行い、このうち半数の400人から回答を得ました。
 それによりますと、コロナ禍でアルバイトの日数に変化があったか尋ねたところ、「アルバイトがなくなった」が19%、「日数や時間が減った」が48%、「日数や時間が増えた」は2%などとなりました。
収入の増減については、「収入がなくなった」が12%、「減った」が51%、「増えた」が3%、「変わらない」が22%などで、収入が減った人が6割あまりとなりました。
 現在、経済面で不安に感じたり困ったりしているか聞いたところ、「困っている」が19%、「少し困っている」が37%、「あまり困っていない」が33%、「困っていない」が12%でした。
 その上で、不安や困りごとが去年に比べてどうなったか尋ねたところ、「増えた」が55%、「減った」が9%、「どちらとも言えない」が20%、「あまり変わらない」が16%となり、経済的な不安が去年よりも増しているという学生が全体の6割近くに上りました。
大学は調査結果をふまえ、食料の無償配布などの支援を継続することにしています。

 結構、調査結果は深刻なもの。ほんとうに、どうにもならないほどの状況にある。ニュースの全体を聞いてみると、大学も、地域も涙ぐましい努力(共助)。ほんとに、制度そのものを(公助)を何とかしなければ、どうにもならないなあ。そんなことを強く感じるのだけど。

« 改ざん始めた経緯、不明なまま...「赤木ファイル」開示後も、国は真相究明後ろ向き | トップページ | 「表現の不自由展」会場使用認める決定 大阪地裁 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 改ざん始めた経緯、不明なまま...「赤木ファイル」開示後も、国は真相究明後ろ向き | トップページ | 「表現の不自由展」会場使用認める決定 大阪地裁 »

無料ブログはココログ
2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31