« 土地規制法、「即時廃止を」 沖縄・名護市議会が意見書 | トップページ | 安倍前首相「反日的な人が五輪開催に強く反対」 月刊誌の対談に »

2021/07/02

『中国戦線、ある日本人兵士の日記──1937年8月~1939年8月 侵略と加害の日常』

 はい、今日もインタビュー①原稿に向かう。途中、インタビュー②の資料読みも少しした。

 雨の日は嫌だなあ。その雨の中を夜にはビラ撒き。日常的にギリギリでの編集業務は、選挙になっても、変わるわけではない。そこに選挙活動は正直かなりつらい。でもまあ、がんばらないとなあ。選挙は嫌いじゃないし、ほんとうはどっぷり選挙ができればいいのに。いまは、ビラ折りがものすごく負担。時間に追われている毎日だからねえ。でも、がんばるぞい!

 さて、『中国戦線、ある日本人兵士の日記──1937年8月~1939年8月 侵略と加害の日常』を読んだ。

41nfx6t8pbl_sx347_bo1204203200_

 中国戦線に参戦した、とある上等兵の日記だ。日記は、1937(昭和12)年から二年間、「北支事変」、南京占領、徐州作戦、武漢占領……と、戦場の様子を書いたメモを、さまざまな資料や写真とともに、帰還後まとめたもので、それを復刻。笠原十九司さんが当時の日中両政府、軍や司令官の動向などに照らし学術的に検証する解説を、吉田裕さんが用語などの解説を添え刊行した。驚かされるのは、淡々と、現地での略奪や、中国人を虐殺する日常が書かれていること。毒ガス戦の訓練などについても書かれている。この日記の持つ意味は、すごく考えたいと思った。

« 土地規制法、「即時廃止を」 沖縄・名護市議会が意見書 | トップページ | 安倍前首相「反日的な人が五輪開催に強く反対」 月刊誌の対談に »

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土地規制法、「即時廃止を」 沖縄・名護市議会が意見書 | トップページ | 安倍前首相「反日的な人が五輪開催に強く反対」 月刊誌の対談に »

無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30