« 道教大釧路校が学生の生活実態調査 経済的不安増したが6割 | トップページ | 映像の世紀プレミアム オリンピック激動の祭典 »

2021/07/09

「表現の不自由展」会場使用認める決定 大阪地裁

 今日も、ひたすらインタビュー②原稿、あと、3、4日はかかるなあ。結構、時間はかかるんだもの。それから、対談原稿。やっぱり今秋から来週は、相当シビアだなあ。ほんとうは、家族に会いに行きたいのになあ。なかなか、難しい。睡眠に工夫したけど、あまり変わらなかった。週末から、来週はもっと工夫しなくては。

 なんとなくいまの気分。

20180506_210142

 いろいろ、厳しい毎日だけど、辛抱強く、努力するしないないなあ。

「表現の不自由展」会場使用認める決定 大阪地裁(朝日新聞)
 大阪市内で16日から予定されている展覧会「表現の不自由展かんさい」の会場側が利用承認を取り消した問題で、大阪地裁(森鍵一裁判長)は9日、会場側の処分を執行停止とし、実行委員会に会場の使用を認めることを決定した。実行委員会が「安全の確保が困難だ」とする会場側の決定を不服として提訴し、処分の執行停止を申し立てていた。施設側は大阪高裁に即時抗告する方針。

 展覧会は国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の出展作品を集め、16~18日に府所有の施設「エル・おおさか」(大阪市中央区)で開催が予定されている。展覧会の告知後、施設に対して抗議の電話やメール、街宣活動が相次いでいた。

 このため施設の指定管理者は6月25日、「利用者や入居団体の職員の安全を確保することは極めて困難だ」として利用承認の取り消しを決めた。府条例で取り消しができる場合を規定した「管理上支障があると認められるとき」に該当すると説明した。

 実行委員会は6月30日に大阪地裁に提訴し、抗議に脅迫などの内容は含まれず、警察に通報しなければならないものもなかったと指摘。「利用者に危険がおよぶ明白な危険があるとは言えない」と主張した。……

 志田さんの、判決への解説がここに。

 ほんとうに、いやま空気を、変えていくためにも大事な判決だと思う。いま、ここは踏ん張りどころだとほんとうに思っている。

 

« 道教大釧路校が学生の生活実態調査 経済的不安増したが6割 | トップページ | 映像の世紀プレミアム オリンピック激動の祭典 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道教大釧路校が学生の生活実態調査 経済的不安増したが6割 | トップページ | 映像の世紀プレミアム オリンピック激動の祭典 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31