« コロナ禍における女性の貧困問題と向き合う と 「母子家庭になるな」は国の責任放棄 上間陽子氏 | トップページ | 先生、ピアスはなぜ校則で禁止? 私服勝ち取った2年間 »

2021/05/16

『マルクス主義、フェミニズム、セックスワーク論』出版記念会 と ノーナレ 「シュガーデート」

 今日も、来月企画のための資料読みスタート。あと提稿2本。夜には、インタビュー①原稿の修正が戻ってくる。よしよし!

 お昼からは、ZOOMをいろいろ聞く。トリプルブッキングだし。

 1つは、これ。ポルノ・買春問題研究会の『マルクス主義、フェミニズム、セックスワーク論』出版記念会

E01zghkvgaisia4

 本は買ったけど、まだ読んでない。やっぱり読まないとなあ。森田さんの報告は、今日も、論争的! 24条の成立の意義は歴史のなかで、しっかり限定すべきとして、そのもとでの、売春防止法の意義と限界、あえて意義を強調する。藤田さんのコロナ禍の女性の貧困と性風俗。彼もまた、挑発的物言い。そして、古橋さんの話を聞けたのがよかった。韓国との違いは、法を実現していること、なるほどだ。それがいちばんボク的には収穫。

 昨日の、NHKのドキュメント、ストーリーズを思い出す。笑われるかもしれないけど、結構、ショックをうけた。

ノーナレ 「シュガーデート」

21_20210516205101

長びくコロナ禍で、大学生や専業主婦など年齢も職業もばらばらな女性たちが、生活の困窮などから“パパ活”の世界に足を踏み入れているという。“パパ”と呼ばれる男性はさまざまで、中には女性から数百万円だまし取ったり、性行為を強要したりする危険な人物もいる。そして女性をあっせんする自称“パパ活プロデューサー”まで現れ、毎月100万円以上稼ぎはじめた。“パパ活”を行う女性や男性の肉声から実態を浮き彫りにする。

 背景にあるコロナ禍の生活困窮は女性を直撃する。パパ活は、すでに、風俗をかなり侵食しているという。だけど、あくまでも、「自発的」な行為としての形がつくられている。だけど、限定的ではあるけれども、法の下にはある風俗とは違って、危険度も高い。徹底した自己責任の世界。うーん。自己責任のなれのはて。ここから、考えるべき論点はあまりも多い。「自発性」のもつ意味、法の下の風俗? 彼女たちの葛藤と思い、ぜったいに抜け出すという最後に語られれた思いについて考える。

« コロナ禍における女性の貧困問題と向き合う と 「母子家庭になるな」は国の責任放棄 上間陽子氏 | トップページ | 先生、ピアスはなぜ校則で禁止? 私服勝ち取った2年間 »

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ禍における女性の貧困問題と向き合う と 「母子家庭になるな」は国の責任放棄 上間陽子氏 | トップページ | 先生、ピアスはなぜ校則で禁止? 私服勝ち取った2年間 »

無料ブログはココログ
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29