« 「#教師のバトン」惨状訴える声あふれる | トップページ | (論壇時評)中立・公平とは 怒り・悲しみ、集めて共有を 東大大学院教授・林香里 »

2021/04/28

屈辱の日。そして、あの事件から5年 また「恐怖のインパール五輪〜家が火事なのに「祭りがしたい!」と駄々をこねる成人男性が支配する国~の巻」

 出勤の電車は、1割ぐらいは人が減ったという感じかな。

 今日は、実務が中心の一日。あとは、とにかく、次の号のまだ足りない企画の発注も果敢に。あとは連休明けの修正というところまで行ったかなあ。

 さて、今日は沖縄にとっては屈辱の日。そして、あの事件から5年がたつ。

 そんなときに、『クロワッサン』で上間さんのインタビューが掲載された。

179230752_4017785531615495_7182358958511

 マガジン9に雨宮さんの新しい文章(雨宮処凛がゆく)。第556回:恐怖のインパール五輪〜家が火事なのに「祭りがしたい!」と駄々をこねる成人男性が支配する国~の巻(雨宮処凛)

 第4波。とうとう4都府県に三度目の緊急事態宣言が出た。対象は東京、大阪、京都、兵庫。

 大阪では連日の感染者が1000人を超え続け、重症病床使用率がとうとう100%を超えた。

 東京でも感染者は増え続け、その多くが変異株と言われている。

 そんな3度目の緊急事態宣言を受けて、いたるところで大混乱が起きている。

 何しろ発令されたのが4月23日。始まったのが25日。宣言期間はゴールデンウィークとまるかぶりだ。大型連休は、多くの業種にとって「この一年間の損失を取り戻す稼ぎ時」のはずだった。それがなんと、酒を出す店には休業要請がなされ、それ以外の店は午後8時まで。イベントなどは原則無観客で、百貨店、テーマパークなどにも休業要請がなされた。……

 日本の家父長制の残滓は、根深く、ほんとうに命までも奪う。そして、その困難を一気にひきうけているのが外国人であったりするのは、あきらかに植民地主義の残滓でもあるのだろうなあ。

« 「#教師のバトン」惨状訴える声あふれる | トップページ | (論壇時評)中立・公平とは 怒り・悲しみ、集めて共有を 東大大学院教授・林香里 »

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「#教師のバトン」惨状訴える声あふれる | トップページ | (論壇時評)中立・公平とは 怒り・悲しみ、集めて共有を 東大大学院教授・林香里 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31