« 母子家庭で生活苦の記憶…71歳女性「『幸せなお嬢さまになる』空想で気を紛らわせた」<新宿共助> | トップページ | 「照らす 生きた証を遺すこと」 »

2021/04/21

『ストップ!! 国政の私物化』

 工場籠城は、無事どうかは別として、何とか終了。今月は、GWの関係で、工程がくり上がっていたので、ここからは日程に余裕がある。その余裕を生かして、ここで、ちょっと、しっかりした日を遅れればという、妄想中。

 今日も温かいというか、かなり暑い?日。ベランダのお花はわさわさしている。

20210421_081145

 さてさて、その期間に、やる仕事の資料を探すが見つからず。ちょっと、頭は回っている感じがするだけに、もったいないなあ。

 なんか、世の中いろいろいっぱい起こっている。一つひとつ、いろいろ全体のなかに位置付けつつ、考えないとなあ。

 上脇さん、坂口さん、岡田さん、松宮さんたちの『ストップ!! 国政の私物化』(あけび書房)をパラパラと。

516bby9keul_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_

 安倍・菅政権もと、政権の国政私物化ということが大きくクローズアップされたなかで、昨年一〇月におこなわれたオンライン市民集会での発言をもとにつくられた本。そのなかでも、森友問題、加計学園問題、「桜を見る会」問題、学術会議会員任命拒否という四つの問題を、その当事者、追及の先頭に立つ弁護士が徹底解明し、告発している。ある意味、オールキャスト。その後も、私物化の事件はいっそうの広がりを見せているけれど、その本質は、情報隠蔽、立憲主義蹂躙、国会軽視という議会制民主主義の否定にほかならない。そして、それがくり返されるのは、自公政権の下でつくられた、官邸主導の政治システムにあることを明らかにしている。だからこそ、真相究明とともに、総選挙での立憲野党の前進と政権交代が必要なことを訴えている。もちろん、そうなのだけど、世の中の変化は激しく、曖昧にしてはいけない問題ではあるのだけど、みんなのいちばんの関心はそこにあるのかということもあるなあ。なかなか、タイミングというのは難しい気もする。

« 母子家庭で生活苦の記憶…71歳女性「『幸せなお嬢さまになる』空想で気を紛らわせた」<新宿共助> | トップページ | 「照らす 生きた証を遺すこと」 »

日記」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 母子家庭で生活苦の記憶…71歳女性「『幸せなお嬢さまになる』空想で気を紛らわせた」<新宿共助> | トップページ | 「照らす 生きた証を遺すこと」 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31