« 「満州 難民感染都市知られざる悲劇」そして「公共」「歴史総合」初検定 新科目の高校教科書 | トップページ | 「私たちは変わる」 東大、女性過半の執行部スタート »

2021/04/01

『ペンとミシンとヴァイオリン アフガン難民の抵抗と民主化への道』

 今日も、実務と、座談会①の原稿整理。体力落ちているから、眠いなあ。今日は、社会全体は、新年度。FBなどを見ていても、昨日で退職した人、今日から再任用の人、そして、今日から新しい職場の人とか、いろいろな形で新年度を迎えている。まあ、ボクはまったく何もかわりはないですけど。相方は何やら辞令を交付されていたようだけど。別に仕事が変わったわけではないけどね。

 『ペンとミシンとヴァイオリン アフガン難民の抵抗と民主化への道』を読む。

10_20210401230901

 アフガニスタンの女性たちのたたかい、エンパワーメントのとりくみを、写真を中心にルポしたもの。著者は憲法学者だ。RAWAの女性たちの話はボクも聞いたことはある。対テロの名でアフガニスタンにアメリカが攻撃をはじめて、その後、戦闘が長期化するなかで、女性たちの被害が増大していたころだ。本を読みながらこの15年ほど、自分がやってきたことをふり返り、できなかったことを考える。このテーマも十分できなかったことの1つ。もう、あと何年仕事をするのかはよくわからなけど、そんなに長くはないとは思う。その時期に、できなかったことをしっかり埋めていくということも、挑まなければならないことでもあるのだろうなあ。そんなことも考えながら読んだ。

« 「満州 難民感染都市知られざる悲劇」そして「公共」「歴史総合」初検定 新科目の高校教科書 | トップページ | 「私たちは変わる」 東大、女性過半の執行部スタート »

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「満州 難民感染都市知られざる悲劇」そして「公共」「歴史総合」初検定 新科目の高校教科書 | トップページ | 「私たちは変わる」 東大、女性過半の執行部スタート »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31