« 千葉の原発避難者の集団訴訟 国にも賠償命じる 2審の東京高裁 | トップページ | アイヌを題材としたドキュメンタリー二題 »

2021/02/20

近代の日本は朝鮮で何をしたのか―日本市民の歴史認識を考える

 今日は早朝仕事スタート。早朝仕事後、なかなか二度寝はできない。だけど、睡眠時間が短いから、眠くって、だるくって、ダメージ大。なかなかやっかい。今日はそんなけだるい一日。残りの原稿の提稿作業と、著者校戻りの転記、そしてゲラ読みが中心。なかなか、あまりすすまない。
20210220_063600
 昼からは、2020度文化センター・アリラン連続講座<オンライン開催>現代韓日・朝日関係の「棘」―日韓基本条約(1965)の歴史的・現在的考察の第8回め、中塚明さんの
「近代の日本は朝鮮で何をしたのか―日本市民の歴史認識を考える」を聞く。

日清戦争・日露戦争で日本は勝ち、大国の列に加わる望みをとげた。世界の少数の侵略的帝国主義諸国のグループに日本は新たに加わった。日本の勃興は、片や朝鮮の没落を意味した。╶╴この事実を知らないのか、書かないのか。韓国・朝鮮への偏見が一面に広がる日本の "市民社会"の歴史認識を考える。

20210220-1

 御年91歳、今年92になる。すごいなあ。見事な講演。まずは、日本人の歴史観を問いかける。半藤一利さんのそれを、司馬遼太郎と共通する、明治観、アジア観を手厳しく批判する。最初から、なかなかしびれさせてくれる。ほんとうに根深いのだよなあ。世界の大きな変化にもふれながら、日本の植民地主義について語る。そのシャープさがすごいのだ。
 そして、十八番の東学農民革命の歴史的な意義について。それが韓国にとってもどんな意味があるのかを。
 勇気をもらった講演会。
 司会は愼ちゃんうさん。久しぶりにお話を聞いたけど、この人もシャープ!

 

« 千葉の原発避難者の集団訴訟 国にも賠償命じる 2審の東京高裁 | トップページ | アイヌを題材としたドキュメンタリー二題 »

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 千葉の原発避難者の集団訴訟 国にも賠償命じる 2審の東京高裁 | トップページ | アイヌを題材としたドキュメンタリー二題 »

無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30