« 《復興と祝祭》の資本主義:新たな「災後」を探る | トップページ | グリーンリカバリーをめざせ! ビジネス界が挑む脱炭素 クライメート・ジャスティス パリ“気候旋風”の舞台裏 »

2021/01/03

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます

 元日も普通に起きる。もう日の出は当然終わっていたので、テレビ画面から。

20210101_080421

 Wダイヤモンド富士だそうだ。

 おせちとお雑煮でスタート。その後、録画していた、100分de名著「ディスタンクシオン」を全編見る。

28

 岸さんとは政治的な体験や考え方が違うところが多く、彼の発言では、意見の違いも少なくはないのだけど、ブルデューをはじめて読んだとき、自分のことが書かれていると感じたのは、ボクもまったく同じだ。若いころ、堀尾さんの本を通して、ブルデューを、バビトゥスをはじめて知った。最初に読んだ、『再生産』の邦訳が91年にでているから、90年代なのかなあ。いまの社会の複雑さや、さまざまな、社会変容からすれば、ほんとうに古典のような本なんだろうけど、だけど、ブルデューが生きていれば、誰かが言っていたが、「いまも何もかわっていない」と言うのだろうなあ。などと感じながら聞いていた。まあ、岸さんはわかりやすく話されていたが、考えてみれば、この間、『世界の悲惨』の邦訳が出、『ディスタンクシオン』の邦訳が出て、この番組だから、この流れは、ちょっと注目される。格差についても関心ということか。
 それは、「欲望の資本主義2021」でも同じか。

29

 橋本さんや大西さんを登場させての工夫は見るが、労働運動は出てこないし、政治が見えてこない。新自由主義を語ってもだなあ。

 三が日は、ナウシカを読んだり、新聞や本を読んだり、そして、新米史官ク・ヘリョンをずっと見ていた。

 Kuhe091200x720

 19世紀初頭の朝鮮という設定。女性差別と生きづらさからはじまって、権力による公文書の修正と、それとたたかう独立国家機関の史官たち。どこかのいまの政治を見ているようで、思わず、ずっと見てしまった。もちろん、いまは民主主義の時代だから、比較は意味がない。だけど、ここまだ問題がかさなって見えてくるのは驚きだし、民主主義の時代にそういうことがおこっているのが、あまりにも恐ろしいということでもあるのだけど。

 明日から、仕事。うーん。いやだなあ。なかなか、先が見えない現状、あまりにもつらすぎる仕事に……(苦笑)。だけど、まあ、強い気持ちでだ。

 さあ、ことしもがんばるぞ!

« 《復興と祝祭》の資本主義:新たな「災後」を探る | トップページ | グリーンリカバリーをめざせ! ビジネス界が挑む脱炭素 クライメート・ジャスティス パリ“気候旋風”の舞台裏 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 《復興と祝祭》の資本主義:新たな「災後」を探る | トップページ | グリーンリカバリーをめざせ! ビジネス界が挑む脱炭素 クライメート・ジャスティス パリ“気候旋風”の舞台裏 »

無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31