« 日本キリスト教会 日本軍「慰安婦」問題と取り組む会主催のオンライン講演会「女性国際戦犯法廷から20年」 | トップページ | 2つの雑誌の記事の紹介 »

2020/11/04

入社辞退の希望者募る、自宅研修1年… コロナ禍でサイレント内定取り消し 就職氷河期再来か

 うーん。どうなるのだろうか? アメリカ大統領選挙。予想された複雑な事態と言えばそうだけど、ますます、わからない。わからないと言えば日本の政治もそうなんだけどなあ。菅さんの国会答弁はますます、あぶなくなってきた感じ。うーん。

 さて、今日は、金曜予定のインタビュー①の資料を集めたり、資料を読んだり。その先の企画を考える作業。苦しい局面。知恵がちょっと尽きている感。もう少し、まだまだ! がんばりが足りません。あとは会議。

 今日はいい天気。代々木の銀杏も、木によっては、色づき始めてきた感じ。

21798

 今日の気になった記事。

入社辞退の希望者募る、自宅研修1年… コロナ禍でサイレント内定取り消し 就職氷河期再来か(東京新聞)
◆入社辞退を促す会社に「心が折れた」
 新卒者が入社の辞退に追い込まれたり、長期の自宅待機を命じられて退職したりしている。内定取り消しや解雇ではなく自主的に辞めさせるため、統計に表れない「サイレント内定取り消し」だ。コロナ禍が水面下で若者を追い詰める構図で、再び就職氷河期を迎える懸念も出ている。(渥美龍太)


 「辞退をご希望される方はご連絡下さい」。東京都内のIT企業の正社員に内定した男性(22)は、研修の開始がコロナ禍で延期される中、4月の緊急事態宣言直後に会社から届いたLINEに違和感を持った。何も始まっていないのに入社の辞退を促していた。
 5月末に始まった研修も初心者に丁寧に教える触れ込みが、専門用語が並ぶ高度な内容と叱責を交えた指導に辞退者が続出。男性は「センスがない」「諦めるなら今のうち」と詰められ、「心が折れた」。給料も払われぬまま入社を断念、地元の大阪に帰った。
 「明らかに辞退させようとしていた。あまりに理不尽、将来に絶望した」……

 若者の、学生の暮らしや雇用をめぐる問題がかなり深刻になっている。ただ、あらわれ方が一様ではなく、数字にきちんとあらわれないようなケースが多いのではないか。そのあたりを可視化して、問題をうきぼりにしていかないといけないなあと、痛感。いろいろ聞くために、メールも送る。

 

« 日本キリスト教会 日本軍「慰安婦」問題と取り組む会主催のオンライン講演会「女性国際戦犯法廷から20年」 | トップページ | 2つの雑誌の記事の紹介 »

日記」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本キリスト教会 日本軍「慰安婦」問題と取り組む会主催のオンライン講演会「女性国際戦犯法廷から20年」 | トップページ | 2つの雑誌の記事の紹介 »

無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30