« 日本の点字制定130周年記念講演会 | トップページ | 日本キリスト教会 日本軍「慰安婦」問題と取り組む会主催のオンライン講演会「女性国際戦犯法廷から20年」 »

2020/11/02

大阪都構想10年越し決着 松井市長「後悔ない」 吉村知事「再挑戦しない」

 今日は、朝から、たまった実務を処理して、あとは資料読み。だけど、さすがに6X連勤は、疲れてがたまっているのか、眠い一日だったなあ。

 メールを何本か送る。やや〆切まで長いスパンの企画は、一定の間隔でリマインドメールを送らないとね。これで結構失敗するのだけど、目先の忙しさでつい忘れる。今回はギリギリセーフか。

 さて、昨日の大阪の結果はほんとうによかったね。

大阪都構想10年越し決着 松井市長「後悔ない」 吉村知事「再挑戦しない」(毎日新聞)

 大阪市民は再び政令市の廃止に「ノー」を突きつけた。1日に投開票された「大阪都構想」を巡る2度目の住民投票。5年前と同じく反対が賛成を上回り、大阪市の存続が決まった。大阪維新の会が結党時から党最大の公約として掲げ、市民を二分した論争は10年越しで決着した。……

 やっぱり維新には語る言葉がなかったことが第一。反対する市民も政党もよくがんばったし、メディアの奮闘も大事だった。
 いろいろな調査データを見ていると、賛成票の核は維新票、そこに公明票などが加わる。おそらく、反対票のなかには、党派選挙に行かない人が多いということ。政党選択では、なかなか展望を見いだせないであきらめているということかなあ。そう考えると、これからの課題はここにあるということか。それは維新に限らず、国政の自民党とのたたかいでも同じだろうなあ、と。
 これだけ、分裂が持ち込まれた投票。いろいろ考えなければならないことも多い。

 明日は、朝からZOOM取材だ!

« 日本の点字制定130周年記念講演会 | トップページ | 日本キリスト教会 日本軍「慰安婦」問題と取り組む会主催のオンライン講演会「女性国際戦犯法廷から20年」 »

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の点字制定130周年記念講演会 | トップページ | 日本キリスト教会 日本軍「慰安婦」問題と取り組む会主催のオンライン講演会「女性国際戦犯法廷から20年」 »

無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30