« 大阪都構想10年越し決着 松井市長「後悔ない」 吉村知事「再挑戦しない」 | トップページ | 入社辞退の希望者募る、自宅研修1年… コロナ禍でサイレント内定取り消し 就職氷河期再来か »

2020/11/03

日本キリスト教会 日本軍「慰安婦」問題と取り組む会主催のオンライン講演会「女性国際戦犯法廷から20年」

 今日は、午前中は、日本キリスト教会 日本軍「慰安婦」問題と取り組む会主催のオンライン講演会「女性国際戦犯法廷から20年」。渡辺美奈さんの話を聞きたくて。

119059176_2257722571040592_7869684180904

 話の内容は、前半はどういう世界の流れの中でこの法廷がとりくまれたのか、戦時性暴力を違法化し、その責任を問う取り組みの流れを解説する。後半は、では日本ではどのようにこの問題に向き合ってきたのかというか、ふみにじってきたのかという問題。年表などの資料もわかりやすく、勉強になった。法廷から5年目に、西野瑠美子さんにインタビューしたのを思い出した。そのころにwamができたんだよなあ。

 あらためて勉強を重ねないと、自分の考えることが、ずれてしまうということを自覚されられる。ジェンダーにかかわる問題はなおさらそうだ。やっぱり、ぐさぐさとくる。

 午後からは、戦犯法廷の映像を2本見た。ほんとうに、そこで問われていることの重みと、サバイバーの人たちの証言に圧倒させられた。多くの法律関係者の真摯なとりくみにも頭がさがった。そのあと、『女性国際戦犯法廷の全記録』をぱらぱらと読む。その議論のなかみは圧倒される。よくこのようなとりくみができたものと、いまさらながら改めて思った。

 んなわけで、国会には行けなかった。だけど、菅政権の動きはものすごく醜くなっている。国会答弁が成立しなくなっていることを一般メディアでも指摘するようになっている。さすがにこのままでは、支持率もどうなのだろうか? ますます、政治の先行きはよくわからなくなっていく感じがする。問題は、これから、どのような世論をつくっていけるのか? だなとは思う。ここはじっくり、いろいろ企画を考えないといけなさそうだなあ。

 天気がもう一つで、洗濯は困るね。日曜も忙しかったので、夕方に、少しばかり、掃除をした。

« 大阪都構想10年越し決着 松井市長「後悔ない」 吉村知事「再挑戦しない」 | トップページ | 入社辞退の希望者募る、自宅研修1年… コロナ禍でサイレント内定取り消し 就職氷河期再来か »

日記」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪都構想10年越し決着 松井市長「後悔ない」 吉村知事「再挑戦しない」 | トップページ | 入社辞退の希望者募る、自宅研修1年… コロナ禍でサイレント内定取り消し 就職氷河期再来か »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31