« 基地の街にロックは流れて~嘉手納とコザの戦後史~ | トップページ | 特別支援学校に設置基準 教室不足解消図る 中教審中間まとめ »

2020/09/28

デカセギ物語 日系ブラジル人たちの30年

 今日は、久しぶりに晴天。

20904

 とにかくインタビュー①、今月中に、インタビュー①を仕上げて、必要な実務をやって、年内の発注をあるていどやりとげることをしたいのだけど、なかなか最後の課題が手につかない。実務は少し進んだけど。明日こそがんばろ。読むことと決断することなんだろうけどね。きつい局面。

 先週、これは録画しておこうと何の気しに思った番組をきょう、見た。「デカセギ物語 日系ブラジル人たちの30年」。NHKが深夜、「中部推し」という番組でやっていた。これがものすごくよかった。

20920

30年前“デカセギ”としてやってきた日系ブラジル人の今をみつめる。日本で暮らし続ける決意を固める中、新型コロナの影響で解雇されるなど、厳しい現実に直面する人たち。私たちはその声とどう向き合ってきたのか?デカセギの子ども世代であるヒップホップグループ・GREEN KIDSのラップ、日系ブラジル人写真家・マエダ ジュニオールさんの作品から浮かびあがる物語。完成したラップに込められたメッセージとは?

 入管法を変え、日系人が日本の労働力とされるようになって30年。その2世も20代。コロナでの解雇、それまでの差別、国の支えの貧弱さ。ほんとうにもののように扱うこの国。この国はいったいどうなってしまっているのか。そうしたなかでも、したたかに生きる日系人たち。その誇りや喜びを、苦しみや悲しみに重ねながら生きる。マエダ ジュニオール さんの写真はしっかり見てみたいと思った。2世の若者たち、それがまたすばらしい。GREEN KIDSのラップはもっと聞きたいなあ。ちょっと感動した番組。NHKの地方局、やるなあ。

« 基地の街にロックは流れて~嘉手納とコザの戦後史~ | トップページ | 特別支援学校に設置基準 教室不足解消図る 中教審中間まとめ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 基地の街にロックは流れて~嘉手納とコザの戦後史~ | トップページ | 特別支援学校に設置基準 教室不足解消図る 中教審中間まとめ »

無料ブログはココログ
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31