« 「お金ない」「親子でぎりぎり」子育て世帯襲うコロナ禍 | トップページ | 骨太の原案、じっくり読む意欲はそがれる文章だけど、ぱらぱらと眺めてみる »

2020/07/08

今日は、とても気持ちが重かった

 今日は、午前中は鼎談取材。おもしろかったよ。期待していてください。いろいろやるんですよ。おもしろい雑誌をつくるために。がんばっているよーーー。

 ただただ、仕事をすすめる一日。多いからねえ。課題が。コロナもたいへん。

 毎日買い物で使うスーパーの店員さんが感染とか。埼玉はすごく増えているし、じわじわと身近にせまってる感。どう考え、そして、どのように暮らすのか、とても悩ましく、試行錯誤の日々が続くのだろうなあ。

 実は、今日は、とても気持ちが重かった。この記事を読んだからかなあ。

3歳衰弱死 逮捕の母、おむつ替えて119番か 8日間放置を隠蔽の可能性(毎日新聞)

 東京都大田区の自宅マンションに3歳の長女を8日間一人きりにして衰弱死させたとして、警視庁捜査1課は7日、母親の飲食店店員、梯(かけはし)沙希容疑者(24)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。捜査関係者によると、梯容疑者は交際相手の男性に会うために長女を残して鹿児島県に行っていたとみられ、同課は育児放棄(ネグレクト)だったとみて調べている。

 逮捕容疑は6月13日までの8日間、大田区蒲田1の自宅マンションに長女の稀華(のあ)ちゃんを放置し、脱水症状と飢餓状態にして死亡させたとしている。「間違いない」と容疑を認めているという。

 同課などによると、梯容疑者は稀華ちゃんと2人暮らしだった。外出先から6月13日に帰宅し、午後3時55分ごろ「子どもが呼吸をしていない」と119番した。救急隊が駆けつけると、稀華ちゃんは物が散乱した室内のマットレスの上に心肺停止の状態で倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。司法解剖の結果、胃の中には食べ物が残っておらず、何も食べずに衰弱したとみられる。症状の重いおむつかぶれもあった。

 稀華ちゃんが亡くなった際、梯容疑者は警視庁の任意聴取に対して「数日前から体調が悪く、おかゆを一口食べただけで食欲もなかった。せきをして苦しそうだった」などと話し、一緒にいたという趣旨の説明をした。稀華ちゃんのおむつは新しく、室内には空のペットボトルやパンの袋もあった。だが、捜査で119番の約1時間前に帰宅したとみられることが判明した。同課は梯容疑者が通報までの間に、交際相手と鹿児島県で食事をするなどして遊んでいたことを隠蔽(いんぺい)しようとおむつを替えるなどした可能性があるとみている。

 梯容疑者は稀華ちゃんを出産した後、稀華ちゃんの父親に当たる男性と結婚し、間もなく離婚した。2017年7月から母子で現場マンションで暮らしていた。稀華ちゃんは保育園に1年以上前から通っておらず、梯容疑者が居酒屋での仕事に行っている間は自宅に1人でいたとみられる。これまでも2~3日間放置されていたこともあるといい、同課はネグレクトが続いていたとみている。【土江洋範、最上和喜、鈴木拓也】

 もちろん、決して許されることではないのだけど。だけど、そもそも、この記事には、父親については出てこない。一人で、子育てしていた彼女の悩みも、葛藤と出てこない。それが……。

 なぜ、一人の悩みながら育てている彼女に、支援がつながっていないのか?根本的に、いまの社会のありようそのものが、そのことが視野に入っていない、そういうことを感じさせる記事だから、つらかった。あまりにも非寛容で、突き放しているし。すごくすごく、課題の多い問題。

« 「お金ない」「親子でぎりぎり」子育て世帯襲うコロナ禍 | トップページ | 骨太の原案、じっくり読む意欲はそがれる文章だけど、ぱらぱらと眺めてみる »

日記」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「お金ない」「親子でぎりぎり」子育て世帯襲うコロナ禍 | トップページ | 骨太の原案、じっくり読む意欲はそがれる文章だけど、ぱらぱらと眺めてみる »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31