« 9月入学「今やることなのか?」 大学教授ら、拙速導入に反対 | トップページ | 歴史を学ぶことの意味を共有したいもの »

2020/05/27

割り切れない思いでいっぱい

 工場籠城2日目終了。今月もほぼ終わりました。疲れました。考えてみれば、ずっと働き続けた感じですねえ(苦笑)。

 通勤電車は、だんだんと、通勤電車に戻ってきていますね。とくに帰りは、普通に混んでいました。さてさて、これからどうなっていくのでしょうねえ。

 結局、この新型コロナ禍というものは何だったのか。よくわからないまま、次のステージに入っていくことになりそうです。そもそものデータもよくわからないし、その対処方針の根拠も最後までわからなかった。西浦さんの対して、いろいろ議論があります。だけど、西浦さんの議論がどうのこうのというより、社会のありようとの関係で、計量的な分析も示されなかったのは、社会政策の側、その研究者の側の責任です。ビッグデータとさんざん言っていたのに、出てきたのは、簡単な人の移動ぐらいでしょう。なんなんでしょうねえ。そして、いまに至っても、社会的な問題、経済的な問題のきちんとして、議論がなかなか出てきている感じはしませんが。

 むしろ、政策の側のあのあいまいな対処が効果をあげたのは、どちらかというと恐怖感だったのかもしねないということも感じる。メディアが、徹底して広げた恐怖感。世界のことはよくわからないけど、日本のメディアにおける報道は、テレビのワイドショーが大きな非常をしめるし、夕方から夜のニュースもどんどんワイドショー化している。それが、垂れ流した報道のあり方はやっぱりこれでよかったのかは考えてします。

 いまでも、政策の側で出てくるのは、ほとんど意味のない9月入学というとんでもない話だったり。いったい、何を考えているのか。ボクらは、まじめにどう議論すればいいのか、割り切れない思いで仕事をしている。

 いま、いろんな問題に向き合うのは、とても難しい。一つ一つの問題もいろいろな面があるし、社会は多様化している。そのなかでおこっている問題はいろんな顔がある。そして、それにかかわる人にはいろいろな思いがある。それにもっとも説得力があり、いま大事だと側面から接近をするのだけど、それでも、自分の関心でいろいろ言ってくる人もいる。それはそれでわかるのだけど、こちらの議論については、聞いてもらえなかったりもするし。そういうなかで人の思いについて、いろいろ考えると、どうしても割り切れない思いでいっぱいになる。難しいなあ。それでも、がんばるんだけどね。

 一息ついたあとの夕食はあわただしく、ハンバーグ、マカロニ玉子サラダ、シーフードカレーの残り。

« 9月入学「今やることなのか?」 大学教授ら、拙速導入に反対 | トップページ | 歴史を学ぶことの意味を共有したいもの »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月入学「今やることなのか?」 大学教授ら、拙速導入に反対 | トップページ | 歴史を学ぶことの意味を共有したいもの »

無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31