« プリズン・サークル | トップページ | 9月入学「今やることなのか?」 大学教授ら、拙速導入に反対 »

2020/05/25

内閣支持率29%、発足以来最低に 朝日新聞世論調査

 今日は、職場に。少しずつ頻度を上げざるを得ないのだけど。実務とゲラをまわし、まあ、やるべきことは粛々と。次を考える、次の手立てをうつ、そのことをしっかりやらないといけないのだけどなあ。通常モードの発行を、この体制でやっていけるのかなあ。心配。

 しかし、世の中は大きく動き始めている。先日の「毎日」の調査に続いて、「朝日」。

内閣支持率29%、発足以来最低に 朝日新聞世論調査(朝日新聞)

 朝日新聞社は23、24日に全国世論調査(電話)を実施した。安倍内閣の支持率は29%(前回5月16、17日は33%)で、2012年12月に第2次安倍政権が発足して以来、最低となった。不支持率は52%(同47%)に増え、5割を超えた。

 男性の支持率は33%で、女性は25%。特に50~60代女性の支持は2割以下で、7割近くが不支持と答えた。支持政党別では、自民支持層の内閣支持率は68%だったが、無党派層では14%にとどまった。第2次安倍政権のこれまでの最低支持率は、森友・加計問題への批判が高まった18年3月と4月の調査の31%だった。

 新型コロナウイルスに対する政府の対応を「評価しない」は57%にのぼり、「評価する」は30%だった。「評価しない」層の内閣支持率は14%と低かった。新型コロナ対応を通じて安倍晋三首相に対する信頼感が「低くなった」人は48%と半数に迫り、「変わらない」は45%、「高くなった」は5%だった。

 個別の政策に対する世論の評価も厳しい。PCRなどの検査体制の整備に対する政府の取り組みは「評価しない」が59%で、「評価する」は25%。経済的な打撃を受けた人や企業への支援策も「評価しない」は57%で、「評価する」は32%だった。ともに50~60代の評価が低く、7割前後が「評価しない」と答えた。

 賭けマージャンをしていた東京高検の黒川弘務検事長が辞職した件に関しても尋ねた。黒川氏を定年延長させていたことについて、安倍首相の責任が「大きい」と答えた人は68%に達した。「それほどでもない」は24%。自民支持層でも52%が、首相の責任は「大きい」と答えた。……

 ボクが結構大事だと思うのは、「新型コロナの感染が拡大して以降、政治への関心が『高くなった』が48%」という点。とくに「高くなった」は女性は56%。政治の季節が来たという感触はある。考えれば、3月に最後に飲んだ時、西の横綱のKさんが、職場で政治の話が変化しているといったこと、あそこが変わり目立った感じはする。

 このまま、安倍内閣の崩壊にむすびつく可能性はあるとは思う。だけど、これまでのような熱い政治の季節という感じではない。静かに、だけど、かなり深く、広く、いままでの政治不信が表面化している感じがある。それが政治的にどのような力になっていくのか、力にしていくことが大事なのか、結構、おもしろい大きな課題だなあ。勉強しなければならないことはたくさんあるなあ。

 今日の夕食は、天とじ丼、煮物、きゅうりの糠漬け。

 

« プリズン・サークル | トップページ | 9月入学「今やることなのか?」 大学教授ら、拙速導入に反対 »

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プリズン・サークル | トップページ | 9月入学「今やることなのか?」 大学教授ら、拙速導入に反対 »

無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31