« 市民の生活は、ほんとうに傷ついてしまわないのか | トップページ | パンデミックが世界を変える? »

2020/04/05

非常事態宣言???

2  

 先週国内で漂い始めた「日本はもう大丈夫なのでは」という期待をよそに、いま感染者は拡大を続けている。東京都の小池知事は「感染爆発の重大局面」と危機感をあらわにし、週末の不要不急の外出自粛を呼びかけた。ウイルスとの戦いは“長期戦”へと突入した。
 大都市部では経路不明の感染が急増、オーバーシュートを食い止められるかどうかギリギリの局面を迎えている。ひとたび感染爆発が起これば病院に感染者が殺到し、病院のキャパシティを超える「医療崩壊」が起こりかねない。各医療機関は感染者の急増に対応するための役割分担の明確化を急ピッチで進めている。
 一方政府はこれまで継続してきた学校の一斉休校の解除を決定。各自治体や学校では学校再開に向けた準備が進んでいる。しかし感染者が出た場合の対応についてはそれぞれの学校の判断に任されており、不安や戸惑いが広がっている。番組では、テレビ会議システムを活用し、課題に直面する現場のキーマンが中継で出演。どんなことに困っているか、どんな課題を抱えているかを具体的に聞きながら、スタジオの専門家ゲストと共に、正しい知見にもとづいた対処法を考えていく。

 緊張感あふれる番組。医療体制の強化への措置や、所得補償への財政出動の問題など、それなりに踏み込んでいた。

 

 でも、なぜ、対策というか、必要な措置が、トータルにすすまないのか?それなのに、非常事態宣言だけが、とりざたされていく。

 だけど、いったい、いまどんな事態で、どのような対策が必要になるのかという基本的なデータが、いつまでたっても示され共有されていかないのだ。アメリカからは、日本の感染調査は信用できないと言われるしまつだ。政策のエビデンスということを政府は、これまで、いろいろ口やましく言ってきたのに、何も示されないのが実際だ。

 なぜ、データが示されないのか。もっと言えば、なぜ、きちんとした調査がなされないのか? そのことが議論されないのか?

 日本は、医療や社会保障(や教育)に対して、これまでも、まず必要性を割り出して、そこから、政策をたて、財源を確保するという考え方をとってこなかった。むしろ、財政の振り分けを先におこない、聖域には財源を投入し、その財政の現状から医療や社会保障を考えてきた。いまも、その枠の中にあるのだろうか。

 結局、政策に、その政策を遂行する政治に対して、信頼がよせられないのだ。政策の正統性が確保されないし、政治と国民の信頼関係が構築されない。ただ、なんとなく、あきらめなり、追随なりだけが広がる…。そういう意味では、根が深い状況がいまあるのではないか。

 

 

« 市民の生活は、ほんとうに傷ついてしまわないのか | トップページ | パンデミックが世界を変える? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 市民の生活は、ほんとうに傷ついてしまわないのか | トップページ | パンデミックが世界を変える? »

無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31