« オーバーシュート? 非常事態宣言? | トップページ | 非常事態宣言??? »

2020/03/31

市民の生活は、ほんとうに傷ついてしまわないのか

 さまざまな発言が続く。だけど……。

小池都知事が緊急会見、改めて夜間外出自粛呼びかけ(TBSニュース)

 東京都の小池知事が緊急の記者会見を行い、バーやナイトクラブなどで新型コロナウイルスへの感染が疑われる事例が相次いでいるとして改めて、夜間の外出自粛を呼びかけました。

 「今がまさに感染拡大を抑えられるかどうか、その重大な局面です」(小池百合子東京都知事)

 小池知事は、夜間から早朝にかけて営業する飲食店などで感染したことが疑われる事例が多発しているとして、若者についてはカラオケやライブハウス、中高年についてはバーやナイトクラブなどに行くことを控えるよう呼びかけました。

 また、現在都は感染拡大に備え500床の入院医療体制を確保したとしていて、最終的には4000床の確保を目標にしています。医療体制がひっ迫した場合、軽症の人などは、自宅や宿泊施設での療養をお願いする場合もあるということです。

 東京都は、30日も13人の感染が確認され、感染者は全国最多の444人となっています。

 だけど、もう一つ信頼がおけないし、議論がまとまっていかない。なぜだろうか。

 ほんとうに、専門家も含めて、認識があるていど一致して、そのことを説明するという感じではなく、いかにもつまみ食い的な感じがする。

 そもそも、この新型ウイルスの危険性がどういうものか? そのことについても共通認識があるように思えない。致死率についてもいろいろ議論があるが、常識的に考えて、感染が広がる段階では、どんどん感染者が増えるから、単純に分母を感染者にした計算では、致死率は小さくなる。ほんとうの致死率はもっと高い。おそらく、最終的には、10%を超えるのだと思う。つまり、このウイルスは、命にかかわる深刻なものなのだという認識が共有されるできではないかということ。そこの説明がどうか。このことは、結局、個人補償に踏み込まないことと裏腹のような気がするなあ。昨日の記者会見でも、バーやクラブへの「入店を自粛」という言い方。「営業を自粛」ではない、だから補償はしないということか、あまりにも政治の責任回避の言い方に、悲しくなる。

 では、どういう対策をしたいのか? 病床を4000目指すと言っているが、ほんとうにそれで大丈夫という根拠がしめされない。東京都の人口は1300万。集団免疫が7割でという仮定をしても、900万人の感染が必要。うち8割が病状を伴わないとして、180万人が病状がでる。この集団免疫を一定の期間をかけてと考えると、1年として、入院が2週間として、それだけでも7万以上の病床が必要になる。重症者だけの入院としてもとても、4000ではということになる。では、感染をいっそう抑え込むという対応をしようとしているのか。そしてワクチンの開発をまつと。となれば、1年以上の長期戦になる。となると、経済活動のあり方、市民生活のあり方、子どもの教育のあり方、福祉などのあり方などなどもふくめて、より新しい対応が必要となる。そういう、方向性がどうしても見えてこないのだ。そのあいだに、市民の生活は、ほんとうに傷ついてしまわないのか?

 つらつらと、記者会見以降の動きで考える。

 

« オーバーシュート? 非常事態宣言? | トップページ | 非常事態宣言??? »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オーバーシュート? 非常事態宣言? | トップページ | 非常事態宣言??? »

無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31