« 憲法と日本人 ~1949-64 知られざる攻防~ | トップページ | 無心に遊ぶ »

2020/01/01

2020年あけましておめでとうございます

 静かな新年。朝から雑煮をつくって(いちおう富山風)、だらだらとテレビをみたり、ちょっとした家事をしたり、昼をつくったり、本を読んだり。今回の年末年始は、泊まりに行ったり、遠出はなし。お金がないことがいちばん大きな理由ではあるのだけど、相方も、あまり積極的ではないし。温泉には行きたいものだけど。

 新聞は、いろいろ読んでみる。朝日の社説は、「2020年代の世界 「人類普遍」を手放さずに」。SDGsにこめられた普遍的原理をテーマにする。誰もが反対できないようなテーマではあるけれど、その人権の実態が、どのような政治過程のもとで、力関係のもとで、おこっているのかについては、ほとんどふれない。だから、前にはすすまないのだよなあ。毎日の「拓論’20 民主政治の再構築 あきらめない心が必要だ」には驚いた。近代の歴史を150年で括る。その歴史観がほとんど理解できない。この毎日の社説の意味することは何なんだろうか? 「読売」は「平和と繁栄をどう引き継ぐか…「変革」に挑む気概を失うまい」。日本すごい論とSociety5.0の合体のような内容だけど、これが財界の主流の考えなのか。危機感ということでもなく、薄っぺらさには、逆に心配になる。日経はすでに無料では読めなくなっているので後日だなあ。

 赤旗の対談なども読みながら、いろいろ考える。自分にはわからない論点お多いなあ。先輩から、「遅まきながら変わるかも」という年賀状をもらった。本当に、変わるのだろうか。その変化は、ボクにはまだなかなか見えないでいるのも事実。いま、体が、理屈を拒否するような、しんどさもあるのだけど、今年は、もう少し、理屈に突っ込み続けようとは思うので、新年に、久しぶりにブログを書いてみた次第。今年はどんな年になるのだろうか?

« 憲法と日本人 ~1949-64 知られざる攻防~ | トップページ | 無心に遊ぶ »

メディア」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 憲法と日本人 ~1949-64 知られざる攻防~ | トップページ | 無心に遊ぶ »

無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31