« 日米安保60年 トランプ大統領が同盟の意義を強調 | トップページ | 「辺野古」「普天間」の文言が消える 安倍首相の施政方針演説 »

2020/01/20

第二百一回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説

うーん。第二百一回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説

安倍さんの演説はいつもこうといわれるとそうなんだけど。何なんだろう、この根拠のない自信と楽観。経済に対する成果を強調するが、現実にある多くの人々の困難は見えのないだろか、みないのか? 女性活躍や子育て支援などは、みごとに話をすりかえるし、AIやsociety5.0への異様な楽観。そしてなによりの外交への評価。世界にひろがる、不安や危惧とは無関係な…。そして、2人と大臣の辞任から、桜、カジノと続く問題は、どこにも見えない。

 

だぶん、みんな、この演説にそうだそうだと思っているわけではない。だけど、まあまあだなという気分があればよく考えなければならない。仕方がないという気分も考えなければ。希望を語るということはよく言われるが、胸を打つ希望とは何なのかがいま、問われているのだろうけど。

« 日米安保60年 トランプ大統領が同盟の意義を強調 | トップページ | 「辺野古」「普天間」の文言が消える 安倍首相の施政方針演説 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日米安保60年 トランプ大統領が同盟の意義を強調 | トップページ | 「辺野古」「普天間」の文言が消える 安倍首相の施政方針演説 »

無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29