« 人権侵害を問う:国内法制から(西川氏)/国際人権法から(申氏) | トップページ | 安倍首相が珍答弁 「募っている」けど「募集」ではない »

2020/01/26

一筋縄ではいかない

 家族のことを思う。孫が生まれ孫のことを思う。いまも、子どもたちのことを思う。だけど、子どもとはそれなりの葛藤もある。

 いろいろ苦しいのは、父や母との関係か。やっぱり、つらい、悲しい思いをした。だけど、父とも母とも和解する機会はなかった。自分はとても、情けない息子で、そういう負い目も抱え続けた。

 介護があった。だけど、介護のための支援を得るのはなかなか難しかった。自分自身も、家族にもギリギリだったと思う。

 そういう家族への思いは、単純ではない。一筋なわではいかないのだ。それは、父や母に対しても同じ、子どもに対しても同じ。いろんな思いを抱えながら、なお家族を思う。

 家族に対してそうなのだから、社会に対してはなおさらだ。人にかかわることである限り、答えはそう簡単じゃない。一筋縄ではいかない。いろいろな論争も、だからあるのだろうなあ。そんな、議論は、いろいろ考えさせられる。

 答えの見つからないなかで、最善の判断をする。そのために、さまざまなことを知る。学ぶ。

« 人権侵害を問う:国内法制から(西川氏)/国際人権法から(申氏) | トップページ | 安倍首相が珍答弁 「募っている」けど「募集」ではない »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人権侵害を問う:国内法制から(西川氏)/国際人権法から(申氏) | トップページ | 安倍首相が珍答弁 「募っている」けど「募集」ではない »

無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31