« 欲望の資本主義2020~日本・不確実性への挑戦~ | トップページ | 故郷喪失と再生への時間―新潟県への原発避難と支援の社会学 »

2020/01/05

アメリカとイラン

 正月から、暗雲が世界を覆う。言うまでもなく、アメリカとイランの戦争の火種だ。あらためて平和の価値が問われている。

 うーん、プレーヤーが多いからわかりにくい。イランが指揮する民営部隊が、イラクでIS相手にたたかい、民間人の弾圧もおこなっている。ISの背景にはヒズボラがいるとされるし、ISの活動地域はシリアへと続く。もともとイラクは、アメリカが解放したはずだった。中国や、ロシアがそれに絡む。アメリカの派遣は貪欲で、イランとの間の核合意の廃棄から、その暴力的派遣をむき出しにしはじめて、今日の事態にいたるわけだんだろうけど。

 だけど、中東の現代史を勉強しなくっちゃねえ。その文化や宗教も。一方で、アメリカのありようもしっかり、もう一度おさらいしないとなあ。

« 欲望の資本主義2020~日本・不確実性への挑戦~ | トップページ | 故郷喪失と再生への時間―新潟県への原発避難と支援の社会学 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 欲望の資本主義2020~日本・不確実性への挑戦~ | トップページ | 故郷喪失と再生への時間―新潟県への原発避難と支援の社会学 »

無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31