« 2018年01月23日の新聞社説 | トップページ | 1月3回目、米軍ヘリまた不時着 今度は渡名喜島、8日トラブル機と同型 油圧系統に不具合 »

2018/01/24

非正規雇用の教員 私立高で200人以上が雇い止め通告

 うーん。これは深刻な事態だなあ。

非正規雇用の教員 私立高で200人以上が雇い止め通告(NHKニュース)

 5年を超えて同じ企業で働いた非正規労働者が希望すれば期限のない雇用契約に切り替えられる制度がことし4月に始まるのを受けて、全国の私立学校の教職員で作る労働組合が調査した結果、200人以上の私立高校の教員が今年度末での雇い止めを通告されていたことがわかりました。
 「全国私立学校教職員組合連合」が去年12月までに、全国590の私立高校を対象に調査した結果、回答があった216校のうち、45校・204人の非正規雇用の教員が今年度末での雇い止めを通告されていたということです。
 都道府県別では、神奈川県が65人、香川県が33人、東京都が27人などでした。4月の制度開始で対象となる、5年を超えて働いていると見られる人は27人と、全体の13%だったということです。
 また、正規の教員と同じフルタイムで働く常勤の教員に対して、自分の働く高校がどう対応しているか複数回答で尋ねたところ、およそ30%に当たる64の高校が、「期限のない雇用契約への切り換えを行っている」とした一方、「何も対応していない」が20%余りの44校、「雇い止めする方向だ」という回答もおよそ13%の28校あったということです。
 この労働組合は「組合に相談できない教員もいると考えると、結果は氷山の一角だと思う。不当な扱いを受けないよう是正を求めていきたい」と話しています。

 教育現場はいまや非正規の存在抜きに成り立たない。そのぐらいの事態をこの間の規制緩和はもたらしたし、私学の経営困難が拍車をかけた。いま、ここの対象になる人たちはどういう状態にあるのだろうか。どれだけの人が、4月からの生活のめどが立っているのだろうか。教師としての誇りなどは…。うーん。

« 2018年01月23日の新聞社説 | トップページ | 1月3回目、米軍ヘリまた不時着 今度は渡名喜島、8日トラブル機と同型 油圧系統に不具合 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/66317691

この記事へのトラックバック一覧です: 非正規雇用の教員 私立高で200人以上が雇い止め通告:

« 2018年01月23日の新聞社説 | トップページ | 1月3回目、米軍ヘリまた不時着 今度は渡名喜島、8日トラブル機と同型 油圧系統に不具合 »

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31