« 2017年12月14日の新聞社説 | トップページ | 「ニュース女子」へBPO意見:委員会が高江区・出演者を独自調査 放送局の機能修復を指摘 »

2017/12/15

来年の改憲発議、反対7割=内閣支持42%に減少-時事世論調査

 ふむ。

来年の改憲発議、反対7割=内閣支持42%に減少-時事世論調査(時事通信)

 時事通信が8~11日に実施した12月の世論調査によると、憲法改正の発議を来年1月召集の通常国会で行うべきかどうかについて、「反対」が68.4%と7割近くに上った。安倍内閣の支持率は前月比2.8ポイント減の42.6%、不支持率は同1.0ポイント減の36.1%だった。
 来年の改憲発議について、「賛成」は20.9%。これに対し、「改憲を急ぐことに反対」が51.3%、「そもそも改憲に反対」が17.1%で、反対意見の合計が賛成を大きく上回った。自民党支持者でも反対が50.6%と半数を超え、賛成は42.9%だった。
 改憲で優先すべき項目を複数回答で聞いたところ、「国民の知る権利の拡大」が36.0%で最も多く、「教育無償化」35.9%、「緊急事態条項の創設」28.3%と続いた。安倍晋三首相が意欲を示す「9条改正」は20.8%だった。「内閣による衆院解散権の制約」は13.8%。
 先の衆院選を受け、内閣支持率は11月調査で8ポイント超上昇したが、2カ月ぶりに減少に転じた。学校法人「森友学園」「加計学園」の問題をめぐり、首相らが特別国会で追及を受けたことなどが響いたとみられる。
 内閣を支持する理由(複数回答)は、「他に適当な人がいない」18.8%、「リーダーシップがある」12.6%、「首相を信頼する」10.5%の順。支持しない理由(同)は、「首相を信頼できない」21.0%、「期待が持てない」16.5%、「政策が駄目」12.6%などとなった。
 政党支持率は、自民党が前月比3.1ポイント減の24.8%、立憲民主党は同0.4ポイント減の5.0%。以下、公明党4.1%、民進党1.8%、共産党1.7%、日本維新の会1.0%と続き、希望の党は結成後最低の0.9%。支持政党なしは58.7%だった。
 調査は全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は62.9%。

 根強い慎重な意見は重要。ここから、1つひとつ、議論を積み重ねて、憲法についての深まった認識が共有できるようにしたなあ。民主主義のあり方についても。

 自民党の支持率の高さについては、よくよく考えたいなあ。内閣支持率は、今後がどうなるのか?

« 2017年12月14日の新聞社説 | トップページ | 「ニュース女子」へBPO意見:委員会が高江区・出演者を独自調査 放送局の機能修復を指摘 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/66161843

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の改憲発議、反対7割=内閣支持42%に減少-時事世論調査:

« 2017年12月14日の新聞社説 | トップページ | 「ニュース女子」へBPO意見:委員会が高江区・出演者を独自調査 放送局の機能修復を指摘 »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31