« 「慰安婦問題」を子どもにどう教えるか | トップページ | 2017年11月22日の新聞社説 »

2017/11/22

百田尚樹氏「娘さんは慰み者になる」 沖縄での講演 詳報と検証

 沖縄タイムスが、例の百田氏の講演の検証をおこなっている。ここまで酷い講演を、それを名護という場所で、よくもおこなったものだと、心の底から、強い怒りがわいてくるのだけど。

百田尚樹氏「娘さんは慰み者になる」 沖縄での講演 詳報と検証(沖縄タイムス)

 作家の百田尚樹氏が10月27日、沖縄県名護市内で講演した。「反対運動の中核は中国の工作員」「中国、韓国から来ている。怖い」と発言し、取材に訪れた本紙記者を名指しして「娘さんは慰み者になる」「機関紙」などと語った。講演後の記者とのやりとりが動画でインターネット配信されたこともあり、議論が続いている。実行委員会発表で600人以上が参加した講演会の内容を詳報し、事実関係を検証する。

<自民党の勉強会>危険への接近論 再び

 百田氏「2年前に沖縄のことで散々たたかれた。あの時は自民党の私的な勉強会。講演が終わった後の雑談で、『私は目の敵にされてるんで、沖縄の二つの新聞社はつぶさなあかんのですけど。ははは』と言った。弾圧というのは公的権力、あるいは暴力で封じること。私はただの作家。記者は言論弾圧の意味をもう一度考えてほしい。普天間基地の周囲は、1970年の航空写真では何も写っていない。ほとんど畑。沖縄全体の人口は戦後70年で1・9倍に増えているが、普天間基地(宜野湾市)は6倍。基地の近くに住めば商売ができると」

 普天間飛行場の土地は戦前、宜野湾の中心部だった。村役場や学校があり、9千人以上が住んでいた。米軍がその土地を占領し、住民が収容所にいるうちに基地を造った。つまり、基地より先に住民がいて、暮らしがあった。この事実は繰り返し指摘されているが、百田氏は2015年、自民党本部の勉強会で「危険への接近」論を唱えて以来、同じ主張を続けている。この時の勉強会ではほかに「騒音がうるさいのは分かるが、選んで住んだのは誰なのかと言いたくなる」「沖縄は本当に被害者なのか」「沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」とも語っている。これらの発言について釈明はない。

<憲法改正>軍隊保持「当たり前」

 百田氏「日米安保をじっくり読むと、米軍が守る日本の領土とは施政権が及ぶ所。(中国が尖閣諸島に公船を派遣し続ければ)日本が実効支配していないから出ないと言う可能性もある。もしここで自衛隊が『憲法9条があって攻撃できない。アメリカさん頑張ってください。うちは後方で』と言ったら誰が戦いますか。まず自衛隊が第一線で戦うこと。今の憲法ではそれができない。専守防衛だから」
 「安倍(晋三)総理は、憲法改正しないと日本を守れない、と言っている。世界で軍隊を持たない国は24カ国。小さい都市国家、比較的大きいのはアイスランドで年中氷。こんな国、誰が取りますか。残るのは小さな島。ナウル、バヌアツ。何の資源もない。取る理由がない。軍隊というのは家に例えたら防犯用の鍵で、財産を守るためにかける。鍵をかけない国は貧乏長屋みたいなもの。軍隊を持つのは当たり前」

 尖閣有事が起き、日本の実効支配が及ばなくなったら米軍は出動しないという可能性は広く議論されている。しかし、これは安保条約や米国の政策の問題であり、日本の憲法の制約とは関係がない。軍隊のないナウル、バヌアツについては2014年にも「くそ貧乏長屋」とやゆし、報道されている。

<戦争被害>沖縄以外の犠牲強調

 百田氏「沖縄を捨て石にしようとか、沖縄ばかりに犠牲を強いて知らん顔している、という思いは全くない。沖縄戦で、日本は沖縄を防衛するために命がけで戦った。神風特攻隊が最も出撃したのは沖縄。沖縄では(民間人)9万4千人が亡くなっているが、沖縄以外でも70万人以上死んでいる。決して沖縄の皆さんだけが被害に遭ったのではない」
 「確かに、その後沖縄は米国に占領されて多くの基地が造られた。今も基地のそばに住むという大変な不幸とともに生活しておられる。これは本当に申し訳ない。けれども今、沖縄の重要性はすごく高まっている。地政学的に国の防衛のために大事な場所。私たちは同じ日本人。沖縄の人を分ける考えは全然ない。沖縄は大好き。素晴らしい沖縄の地を守っていかないといけない」
 「翁長(雄志知事)さんが早く辞めてもらわないとあきません。那覇市長の時に龍柱を建てた。中国の属国です、いつでも来てください、そう思われても仕方ない。皆さんの中の、若い生きのいいのはゲリラとなって龍柱をつぶしてください」

 百田氏が踏襲する「戦争で犠牲になったのは沖縄だけではない」という論は、沖縄戦の重要な側面に触れていない。どの都市を空襲するかは米軍の選択だったが、沖縄は日本軍が本土を守るための時間稼ぎの戦場として選んだ結果、被害が甚大になった。また、沖縄では日本軍が住民を差別し、スパイ視し、虐殺した。

<中国脅威論>工作員断定、根拠なし

 百田氏「中国は尖閣を取る、琉球も自分の領土と言っている。沖縄の2紙は中国の脅威を報道しない。一番被害を受ける皆さんが最も知らされていない。インターネットがあれば分かる。沖縄にはたぶんインターネットがないんじゃないか。すみません。冗談でっせ」
 「抗議活動では日当が1日何万円と払われている。全国から沖縄に来る交通費、宿泊費を考えると、とてつもない額になる。カンパだけじゃ無理。では資金源はどこか。本当の中核は。はっきり言います。中国の工作員です。なかなか証拠はみえないが、中国からカネが流れている。なぜか。日本と米軍を分断したい。いつか尖閣を奪う時に米軍の動きを止める」

 基地建設反対運動に中国から人と資金が流れていると断言したが、講演後、根拠を尋ねる本紙記者の取材には「ない。それを調べろと僕は言っている。そうとしか思えないというニュアンス」と話した。

<高江の抗議活動>中韓に言及、差別否定

 百田氏「きょうは我那覇真子(実行委員長)さんと美ら海水族館に行った。その後。『次はどこいくの?』『百田さん、次は高江のテント村行きませんか?』『えっ? 高江のテント村? 怖いやん、悪い人いっぱいおるんやろ?』『悪い人と言ったらあきません。市民ということですから』『市民? 沖縄県民どれくらいおんの?』『半分くらいです』『じゃあ、あとの半分は?』『知らんところから来てます』『ほな、いろんな県から来てるの?』『いろんな県じゃない。中国や韓国から来ていますよ』『嫌やなー、怖いなー、どつかれたらどうすんの?』『大丈夫、私が先生を守ります』『それやったら行く(笑)』。行ったら車が1台置いてあって、中に漢和辞典がある。日本語勉強している人がおるんかなあ」

 本紙の取材には「中国人、韓国人が怖いと言ったら差別だけど、一連の流れがある」「県外、海外から活動家が来ているのが怖いと言った。差別意識は全くない」と説明した。取材の様子は講演会の実行委員会などが動画で撮影し、ネットで配信した。本紙は翌日付の記事で、百田氏の講演内容と事後の説明を併記した。

<沖縄の新聞>本紙記者22回名指し

 百田氏「沖縄の言論空間は異常。政治家でさえも二つの新聞に逆らえない」
 「まともな記者が正しいことを書いても上のデスクにつぶされる。あるいは無理やり偏向させられる。出世もしたい。阿部(岳記者)さんはもう、悪魔に魂を売った記者だ。家に帰ったら嫁さんがいる。娘さんがいる。知らんけど。中国が琉球を乗っ取ったら、阿部さんの娘さんは中国人の慰み者になります。それを考えて記事を書いてください。給料アップのために、沖縄全体をおとしめるような記事を書かないでください」
 「沖縄のほとんどの新聞は新聞じゃない。機関紙です」

 本紙の阿部記者が事前に申し込んで取材に行くと、最前列中央の席に案内された。講演会は前半の単独講演と後半の我那覇委員長とのトークで計2時間20分。百田氏はその間、阿部記者の名を22回挙げ、一方的に問い掛け続けた。阿部記者が本紙コラム大弦小弦で「慰み者」発言などに触れると、ツイッターで「講演中、沖縄タイムスを強く非難しましたが、阿部記者を非難はしていません。多少いじりはしましたが」と反論した。

 しっかり反論し、なんとしても、こうした嘘を許さない。そのために、がんばらないとなあ。

« 「慰安婦問題」を子どもにどう教えるか | トップページ | 2017年11月22日の新聞社説 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

「娘さんは慰み者になる」などと言う発言そのものが、「女性が多く活躍する仕事や職種をピンクカラージョブなどと言ったところで、大日本帝国軍性奴隷問題の前科をごまかそうとする魂胆」が見え見えであることの根拠であることを、自ら動かぬ証拠としてボロを白状してくれたものではないかということが、本質的な見立てであることは、中国外務省ではありませんが、「安倍総理は嘘つきだ」という根拠そのものが、国際社会全体の共通認識として受容と共感的理解に値するものであることは、誰が見ても明らかなことであることは、バレバレのことであるにも関わらず、このような自民党政権自らが、アメリカの言いなりと言っておきながら、これをごまかそうとする魂胆が見え見えの対米従属詐欺どころか、これをごまかしたいがために、憲法9条を亡き者にしてでも戦前の日本を取り戻したいがための戦争詐欺によって、この被害額を取り戻してやるなどと言っておきながら、生活保護不正受給者の真似をしては、ちゃっかりと被害額をネコババしようとする犯罪者集団と、このような犯罪者集団にまんまと騙されてしがみついているだけの共犯者であることは、核発電推進原理主義組織にまんまと騙された外務省からして、使い物にならない間抜け官僚機構に他ならないことは、ロシア外務省にしてもお見通しのことであることは、プーチン大統領にしてみれば、「誰が、こんな日本国なんか相手にするものか」という心境であることは、アメリカのトランプ大統領にしても、お見通しのことであることは、ドイツにしてみれば、ナチスドイツの前科をごまかそうとする魂胆が見え見えの極右勢力ネオナチ連中を、中国の反日活動家に置き換えれば、北朝鮮にしてみれば、アメリカを戦前の日本に置き換えれば、トランプ大統領自らがヒトラー総統の猿真似をしたところで、これにまんまと騙されてしがみついているだけの隠れ多極主義者(親イスラエルのふりをした反イスラエル)を、この日本国内のネトウヨに置き換えれば、在日イスラエル大使館に置かれましては、ホロコーストセミナーにネトウヨを招待して貰うのであれば、日本会議に置かれましては、是非ともネトウヨに招待状を配って貰うようにアピールして頂ければ、朝鮮総連に置かれましてもまんまと騙されたふりをして、これに自らが正々堂々と協k力して応えて貰うことになれば、在独イスラエル大使館にしてみれば、極右勢力ネオナチ連中にホロコーストセミナーにご招待するのと同じことを、今度はアメリカで、隠れ多極主義者連中を、ホロコーストセミナーにご招待し、マティス国防長官に置かれましては、この隠れ多極主義者を道連れに、イスラム国に送り込んで貰うのであれば、中国にしてみれば、中国の反日活動家を北朝鮮に差し出して、そのままイスラム国に送り届けて貰うことで、朝鮮総連に置かれましては、日本会議をイスラム国に連れ出してから、シリアのアサド大統領に置かれましては、この日本会議を血祭りにしてイスラム国と共倒れされるということで、「オペレーションマヌケ」とでも称する軍事作戦として展開して貰うように、アメリカに対して、積極的にアピールしてみてください、ということでアピールして貰うしかございませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/66072893

この記事へのトラックバック一覧です: 百田尚樹氏「娘さんは慰み者になる」 沖縄での講演 詳報と検証:

« 「慰安婦問題」を子どもにどう教えるか | トップページ | 2017年11月22日の新聞社説 »

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31