« 2017年10月20日の新聞社説 | トップページ | 2017年10月21日の新聞社説 »

2017/10/21

日本の反論は「本質避ける」 共謀罪で国連報告者

 共謀罪についての国連報告者の指摘に対して、日本政府が、国民にこっそりと、とても恥ずかしい反論を提出していたことは、このブログでも紹介したと思うけど…。

日本の反論は「本質避ける」 共謀罪で国連報告者(東京新聞)

 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法が「表現の自由を不当に制約する恐れがある」と警告したカナタチ国連特別報告者は21日までに、これを不当だと反論した日本政府の回答に対し「私の示した懸念(に対する回答)の本質と事実を避けている」と批判する文書を共同通信に寄せた。
 両者の主張はかみ合っておらず、日本側が再反論する可能性もある。カナタチ氏は文書で「衆院選の結果を待って、誰が首相になろうとも日本政府とこの問題に取り組む」と表明し、日本側の姿勢を引き続き注視する考えを明確にした。
 文書は電子メールで約1ページ分。

 それへの反論が国連報告者から。「私の示した懸念(に対する回答)の本質と事実を避けている」と手厳しい。それほどの疑念にこたえず、悪法をすすめる内閣だということなんだけど。

« 2017年10月20日の新聞社説 | トップページ | 2017年10月21日の新聞社説 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/65945682

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の反論は「本質避ける」 共謀罪で国連報告者:

« 2017年10月20日の新聞社説 | トップページ | 2017年10月21日の新聞社説 »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31