« 阿部知子氏、リベラル約10人で「火、水曜までに新党」 | トップページ | 2017年10月01日の新聞社説 »

2017/10/01

合流「評価せず」が上回る 民進支持層に戸惑い 共同世論調査

 共同通信の世論調査。

合流「評価せず」が上回る 民進支持層に戸惑い 共同世論調査(産経新聞)

 共同通信社の第2回衆院選トレンド調査で、民進党の前原誠司代表が、小池百合子東京都知事が代表の新党「希望の党」へ合流を決めたことを巡り、民進党支持層で「評価しない」が49.2%と「評価する」の40.4%を上回った。小池氏が民進党出身者を憲法観や安全保障政策で選別し公認する方針を打ち出していることに対し党内が混乱しており、支持層間でも戸惑いがあるとみられる。
 主要政党別にみると、希望の党支持層は、合流を評価するが56.4%で、評価しないの37.4%を上回った。一方、自民党支持層の79.4%、公明党支持層の76.8%が評価しないと回答。 安倍首相と小池氏とではどちらが首相にふさわしいと思うかという問いで、小池氏と答えた人の49.3%が前原氏による希望の党への合流決定を評価、43.6%が評価しなかった。安倍首相がふさわしいとした人では、76.7%が評価しないと回答し、評価するは15.6%だった。

 世論調査ではさらに、「比例代表の投票先政党は自民党が24.1%で、希望の党が14.8%となった。内閣支持率は40.6%、不支持率46.2%となり、前回調査(9月23、24日)から逆転した。前回調査では、希望の党について『小池氏の側近らが結成する新党』と質問していた。自民、希望以外の比例代表投票先は、公明党が4.9%、共産党が4.9%、日本維新の会2.4%、自由党0.3%、社民党0.1%、日本のこころ0.4%となった。『まだ決めていない』が42.8%。衆院選後、衆参両院で指名される次期首相について、安倍晋三首相(自民党総裁)と小池氏のどちらが望ましいか尋ねたところ、安倍氏が45.9%、小池氏は33.0%だった。「分からない、無回答」は21.1%だった」という。希望の党は迷走しつつあるなあ。しかし、安倍はないだろう。安倍ではダメだという議論をもっとね。

« 阿部知子氏、リベラル約10人で「火、水曜までに新党」 | トップページ | 2017年10月01日の新聞社説 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 合流「評価せず」が上回る 民進支持層に戸惑い 共同世論調査:

« 阿部知子氏、リベラル約10人で「火、水曜までに新党」 | トップページ | 2017年10月01日の新聞社説 »

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31