« 2017年09月29日の新聞社説 | トップページ | 希望の党☆ »

2017/09/30

自民34%、希望19%…比例投票先・読売調査

 読売がまず、世論調査。なかなか興味深い。

自民34%、希望19%…比例投票先・読売調査(読売新聞)

 読売新聞社は、衆院が解散し、民進党が希望の党への合流を決めた直後の28日夕から29日にかけ、緊急全国世論調査を行った。
 衆院比例選での投票先は、自民党が34%で最も多く、希望が19%で2番目だった。「10月10日公示・22日投開票」の衆院選は、自民と希望を対立軸とした「政権選択選挙」となりそうだ。
 このほかの投票先は、公明党6%、共産党5%、日本維新の会2%などの順で、「決めていない」が25%だった。自民党が衆院選で圧勝した2014年の解散直後調査では、比例選投票先は自民党41%、民主党14%、公明党6%などの順だった。民進党は希望の党への合流を決めたため、比例投票先の調査対象には含めなかった。……

 記事ではさらに、安倍内閣の支持率が43%と7ポイント低下していることを紹介するとともに、「読売新聞社の緊急全国世論調査で、小池百合子東京都知事が希望の党の代表に就任したことについて聞くと、『都知事の仕事に専念すべきだ』62%がトップで、『今のまま、党の代表と都知事の兼務を続けるべきだ』が21%、『都知事を辞職して、衆院選に立候補すべきだ』」が12%だった」と。「小池氏が都知事と国政政党の代表を兼務することや、衆院選に出馬することについては、否定的な見方が多い。都内有権者に限っても、『都知事の仕事に専念すべきだ』が53%で最多だった」という。さらに「衆院選で公認候補者を立てず、公認候補予定者を希望の党から立候補させる民進党の方針を『評価しない』とした人は63%に上った」とも。総じて、安倍政権にも、希望にも、冷ややかだということができるのだなあ。もちろん読売の調査ではあるのだが。
 もっと、安倍政治への怒りを、すっかり共有しなければならないなあ。そういう議論をしないと。

« 2017年09月29日の新聞社説 | トップページ | 希望の党☆ »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/65855255

この記事へのトラックバック一覧です: 自民34%、希望19%…比例投票先・読売調査:

« 2017年09月29日の新聞社説 | トップページ | 希望の党☆ »

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30