« 2017年06月30日の新聞社説 | トップページ | 2017年07月01日の新聞社説 »

2017/07/01

「落とすなら落としてみろ」 二階氏、相次ぐ問題発言

 こんな発言まで飛び出すのか! いったいどうなっているのか?

「落とすなら落としてみろ」 二階氏、相次ぐ問題発言(朝日新聞)

 自民党の二階俊博幹事長は30日、東京都議選の応援演説で、自らの差別的な表現が報道されたことなどを念頭に「言葉ひとつ間違えたらすぐ話になる。私らを落とすなら落としてみろ。マスコミの人だけが選挙を左右するなんて思ったら大間違いだ」と述べた。問題発言や不祥事が続けて報じられ、都議選が自民逆風となっていることへの責任を報道機関に転嫁する政権幹部の発言が続いている。
 二階氏は29日の応援演説で、ミサイル発射を繰り返す北朝鮮を「きちがいみたいな国」と表現した。精神障害者に対する差別的な表現で、直後に記者団に「表現として必ずしも適切でないものが一部あった。注意したい」と釈明。一部メディアがこの発言を報じた。
 稲田朋美防衛相も27日の応援演説で「防衛省、自衛隊としてもお願いしたい」と発言し、30日午前の閣議後会見で撤回とおわびに追い込まれた。二階氏は同日夕の国分寺市の演説で、自身を含む政権中枢の発言を伝えている報道機関に矛先を向け、「マスコミは偉いには違いないが、偉いと言っても限度がある。あんたらどういうつもりで書いているのか知らんが、我々はお金を払って(新聞を)買ってんだよ。買ってもらっていることを、やっぱり忘れちゃダメじゃないか」と述べた。
 安倍晋三首相も30日夜、小金井市での応援演説で「色々な報道によって、政策がなかなか届かなくなってしまっている」と報道への不満を漏らした。

 そもそも通常の民主的な感覚とは、ほど遠いところにいるということなのか! これだけ、問題発言が続く、その内容は、ほとんど理解でないようなものばかりなんだから。普通なら、これはまずいということは、まず考えるはず。それがそうならないことは、相当恐ろしい。

 これが二階発言。

« 2017年06月30日の新聞社説 | トップページ | 2017年07月01日の新聞社説 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/65479596

この記事へのトラックバック一覧です: 「落とすなら落としてみろ」 二階氏、相次ぐ問題発言:

« 2017年06月30日の新聞社説 | トップページ | 2017年07月01日の新聞社説 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31