« 教育無償化 「改憲なくても実現」 9条とセットに違和感 | トップページ | センター試験後継案、英語は民間で 国数に記述式問題 »

2017/05/17

「壊憲」「共謀罪」に反対 市民連合会見 野党共闘を強化へ

 昨日の市民連合の記者会見、なかなか、大手新聞では報道されないなあ。

「壊憲」「共謀罪」に反対 市民連合会見 野党共闘を強化へ(しんぶん赤旗)

 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(市民連合)は16日、衆院第1議員会館で会見を開きました。安倍政権与党の自民・公明によって今週にも衆院での採決強行が狙われている「共謀罪」法案を廃案にし、安倍首相による改憲を全力で阻止していくと強調。「市民が声をあげ、野党共闘を強化していく」と表明しました。
 会見には、中野晃一(上智大学教授)、土井登美江(総がかり行動実行委員会)、山口二郎(法政大学教授)、岡歩美(市民連合みえ・呼びかけ人)、高田健(総がかり行動実行委員会共同代表)の各氏が参加しました。
 憲法9条に自衛隊の存在を明記する3項を設けるとした安倍首相の発言について、山口さんは「これは改憲ではなく壊憲だ」と指摘。「ことは憲法の条文をどう変えるかではない。安倍首相による憲法破壊の企てを許すかどうかだ」と語りました。
 「共謀罪」法案について岡さんは、「国がしていることがおかしいと思っても、声すらあげられない状況になるんです。私は政府に忖度(そんたく)せず、反対の声をあげていきます」。
 記者から野党間の連携について問われた中野さんは、「互いに別の理念をもつ野党は、本来、共闘などしません。安保法制反対のときも、市民から『野党は共闘』の声が起こり、その声に耳を傾けるなかで共闘をつくっていった」と発言。高田さんも「いま全国各地で『市民連合』ができ、野党と一緒にたたかっている。共闘は力強く進んでいる」と話しました。

 中野さんは、「今安倍さんがやっていることは超然内閣。メディアは王様は裸だ、ときちんと報道する必要がある。今こそ声をあげて立憲主義や民主主義を守らないと未来の世代に対して向ける顔がなくなる」「護憲、改憲という議論をこえて、運動を展開しないといけない。立憲連合という形で市民と野党が連携しているのは向こうにとって脅威。向こうの曖昧な提案とも取れない態度に乗る必要はない。非立憲政治を許してはいけないということ」野党の連携に関して。それぞれ考え方が違いやりたいことも違う。それが、安保法制の運動が野党共闘を呼びかけてあの形をつくっていった。バラバラなのではない。自民党のようにボスが威圧的に決めるというのではなく、民主主義的な議論をしているという風にメディアは捉えないといけない」など、発言。いま、ほんとうに政治的な、政策的な議論を、市民と野党が積み重ねて、しっかりした対抗運動にしていかないとなあ。

 政治の問題は、いまとても難しい。悩むし、自分が判断していることがほんとうに正しいのか、自信をなくす。そのなで、いろいろ、まじめに模索するしかないのだけどね。対抗するためには何がいま必要なのかと。

« 教育無償化 「改憲なくても実現」 9条とセットに違和感 | トップページ | センター試験後継案、英語は民間で 国数に記述式問題 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/65290414

この記事へのトラックバック一覧です: 「壊憲」「共謀罪」に反対 市民連合会見 野党共闘を強化へ:

« 教育無償化 「改憲なくても実現」 9条とセットに違和感 | トップページ | センター試験後継案、英語は民間で 国数に記述式問題 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31