« 2017年05月11日の新聞社説 | トップページ | (耕論)忙しすぎる先生 山口照美さん、内田良さん、小川正人さん »

2017/05/11

岸田氏、9条「すぐ改正は考えず」 首相の意向、確認も

 安倍さんの9条改正メッセージはさまざまな波紋を呼んでいる。そりゃそうだろうなあ。

岸田氏、9条「すぐ改正は考えず」 首相の意向、確認も(朝日新聞)

 岸田文雄外相は11日、岸田派の会合で、安倍晋三首相が意欲を示す憲法9条の改正について「今すぐに改正することは考えない」と述べた。9条に自衛隊の存在を明記する憲法改正に言及している首相との間で、お互いの考え方を確認する意向も初めて示した。
 岸田氏は安全保障法制が成立した直後の15年10月の派閥研修会で「当面、9条自体は改正することを考えないのが私たちの立場ではないか」と発言していた。この日の会合では、「今日現在まで考えは変わっていない」と明言。「首相の発言と私の考え方はどこが違うのか、あるいは同じなのか、一度よく確認をしてみたい」と語った。
 ただ、岸田氏は同日の参院外交防衛委員会で、野党から9条改正について首相との認識の違いを問われると「いろんな意見が世の中に存在することはその通りだ」と述べるにとどめた。

 石破さんみたいに、軍の保持の明記という立場からの批判もあるし、たぶん自民党ではそれが主流かな。
 この問題をどう論じるかは、ボク個人としてはいろいろ悩んでいる。なぜいまこんなメッセージをだしたのか。もちろん、改憲の本丸に攻め込みたいという思いもあるのだろう。さまざまな背景が言われている。論建てそのものは、例の5人組の憲法解釈の延長線上だけど、日本会議の伊藤某が野党の分断をねらって知恵をつけたという話もある。1,2項を残し、3項で自衛隊を明記するというのは、新9条論とどこがちがうのか。とね。そもそも、2項を残すというのは、自民党の議論としてははじめてだし、それそのものの意味はきちんと考えるべきだろうなあと、ボク個人としては思う。
 この提案が、国民的な議論に値するというのなら、こればでの2項を削除する自民党の改憲案は国民に受け入れられなかったことの告白になる。そうでないのなら、やはり、たんなる3項追加ではなく、そのことによって自衛隊を憲法的な存在にすることを契機に、2項を空洞化し、さらには、1項を空洞化することが狙いとなる。そういう理解が一番いいのではないのかなあ。などと、あれこれ考える。

« 2017年05月11日の新聞社説 | トップページ | (耕論)忙しすぎる先生 山口照美さん、内田良さん、小川正人さん »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/65267374

この記事へのトラックバック一覧です: 岸田氏、9条「すぐ改正は考えず」 首相の意向、確認も:

« 2017年05月11日の新聞社説 | トップページ | (耕論)忙しすぎる先生 山口照美さん、内田良さん、小川正人さん »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31