« 施行70年、憲法の役割「評価」89% | トップページ | 2017年04月29日から04月30日の新聞社説 »

2017/04/30

米艦防護、初の命令 海自艦、あす出港 四国沖へ 安保法制下、新任務

 うーん。安保法の発動がどんどんすすんでいく。

米艦防護、初の命令 海自艦、あす出港 四国沖へ 安保法制下、新任務(朝日深部)

 米軍からのニーズが高かった任務で、自衛隊法に基づき、防護のために自衛官は必要最小限の範囲で武器を使える。昨年11月から12月にかけて南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の部隊に「駆けつけ警護」の任務が加えられたのに続き、安保法制に基づく自衛隊の任務が本格化する。
 政府関係者によると、海上自衛隊の護衛艦「いずも」が5月1日午前に横須賀基地(神奈川県)を出港。房総半島沖周辺で米海軍の補給艦と合流し、四国沖までこの補給艦を守りながら一緒に航行する計画とされる。
 この補給艦は、北朝鮮による弾道ミサイル発射への警戒をはじめ、日本近海で情報収集などをしている米太平洋艦隊の艦船に補給する見通し。29日に対馬海峡から日本海に入った米海軍原子力空母カールビンソンの艦隊に補給する可能性もあるという。カールビンソンは北朝鮮のさらなる挑発を抑えるため、同日から日本海で韓国海軍と合同訓練を始めた。訓練には韓国海軍のイージス駆逐艦「世宗大王」や哨戒機などが参加している。

 これは、リアルに現実に向き合って、考えたら。北朝鮮を対象にしている行動だけに、武力による威嚇以外なにものでもない。そでに、憲法から離れた事態が、広範に存在していることにもっと敏感でなければならないなあ。そうとう、正念場ではあると思うなあ。

« 施行70年、憲法の役割「評価」89% | トップページ | 2017年04月29日から04月30日の新聞社説 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/65216101

この記事へのトラックバック一覧です: 米艦防護、初の命令 海自艦、あす出港 四国沖へ 安保法制下、新任務:

« 施行70年、憲法の役割「評価」89% | トップページ | 2017年04月29日から04月30日の新聞社説 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31