« 少女を非行から救え ―福岡・更生保護の現場から― | トップページ | 2017年04月27日の新聞社説 »

2017/04/27

揺らぐ「報道の自由」 日本は72位 外国人記者らの制限変わらず

 共同配信の記事。

揺らぐ「報道の自由」 日本は72位 外国人記者らの制限変わらず(東京新聞)

 国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は二十六日、二〇一七年の世界各国の報道自由度ランキングを発表、日本は特定秘密保護法などの影響が続き、フリーや外国人記者の活動が制限される状況にも変化がないとして、前年と同じ七十二位。
 欧州連合(EU)離脱を決めた英国の国民投票や、トランプ米政権のメディア攻撃などを例に「自由な報道活動が続いていた先進国でも『フェイクニュース(偽のニュース)』の拡散、権力者による恣意(しい)的な報道規制など憂慮すべき傾向が目立つ」と指摘した。
 RSFは〇二年から百八十カ国・地域を対象にランキングを作成。日本は一〇年の十一位から毎年順位を下げ、一二年に二十二位、一四年に五十九位、一五年に六十一位だった。一一年の東日本大震災に関する情報開示、一四年の特定秘密保護法施行を巡る経緯が各国メディアやRSFなどから特に批判されてきた。
 一~三位はノルウェーなど北欧の三国。主要国ではドイツが十六位、英国が四十位、米国が四十三位、ロシアが百四十八位だった。

 NHKなんて、日本のことは付け足しでしかいわないし、変化のないことを強調する。だけど、この間の、低下ぶりと、実際に、いわゆる先進国のなかでは、最低で、まわりにいる国はどういう国かはよく見ておいたほうがいい。そして、ここに共謀罪である。委縮、忖度もさらにすすんでいる。先は暗い、このままでは。

« 少女を非行から救え ―福岡・更生保護の現場から― | トップページ | 2017年04月27日の新聞社説 »

メディア」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/65203675

この記事へのトラックバック一覧です: 揺らぐ「報道の自由」 日本は72位 外国人記者らの制限変わらず:

« 少女を非行から救え ―福岡・更生保護の現場から― | トップページ | 2017年04月27日の新聞社説 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31