« 【号外】辺野古埋め立て始まる 護岸工事、県は反発 復帰後最大の基地建設へ | トップページ | 辺野古、差し止め提訴へ 沖縄県、埋め立てに対抗 »

2017/04/25

2017年04月25日の新聞社説

《朝日新聞》
仏大統領選挙 国際協調の針路を問え
銀行ローン 過剰融資に踏み込むな

《読売新聞》
原発新検査制度 より重くなる電力会社の責任
仏大統領選 社会の疲弊と分断を露呈した

《毎日新聞》
動きが急な北朝鮮情勢 日本の外交力が問われる
ルペン氏2位の仏大統領選 決選へ世界の注目は続く

《日本経済新聞》
仏国民は開かれた経済・社会を守れるか
「常識を越す万博」に肉付けを

《産経新聞》
大阪万博の誘致 まず夢ある世界像を語れ
仏大統領選 統合の理念を再認識せよ

《東京新聞》
カジノ解禁法 本当に合法なのですか
仏大統領選 EUは警鐘ととらえよ

 フランス大統領選。下馬評通りと言えば、そうだけど。この間の新聞報道で、疑問に思ったことが2つ。EU離脱問題が焦点のように扱われてきたけど、そもそもEUの何が問題か、その功罪についてまともに議論が紹介されないこと。EUの理想と、制度上の欠陥と。それはそうとう大きな問題であるはずなのに。2つめが、それとの関係で、グローバル化のなかでの財政緊縮をめぐる問題があまりていねいには紹介されないこと。メランションが極左、極左と言われるが、社会の統合をめぐる問題は大きな問題であるはずなのに。単純ないろわけでは、わからないことも多い。決選投票も、常識的にはマクロン優位だろうが、だけど、彼の新自由主義的な立場と、「開かれたヨーロッパを謳い、社会の分断に反対する」という主張の矛盾は、どう解決されるのか?そんなに単純ではないだろうと思うなあ。

« 【号外】辺野古埋め立て始まる 護岸工事、県は反発 復帰後最大の基地建設へ | トップページ | 辺野古、差し止め提訴へ 沖縄県、埋め立てに対抗 »

メディア」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/65195548

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年04月25日の新聞社説:

« 【号外】辺野古埋め立て始まる 護岸工事、県は反発 復帰後最大の基地建設へ | トップページ | 辺野古、差し止め提訴へ 沖縄県、埋め立てに対抗 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30