« 2017年02月12日の新聞社説 | トップページ | NHK世論調査 内閣支持58% 不支持23% »

2017/02/12

差別落書きの少年に「読書」の判決、課題図書も指定 米東部

 ネットだから知れるニュース。やっぱり、これは考えさせられる。

差別落書きの少年に「読書」の判決、課題図書も指定 米東部(CNNニュース)

 差別的な落書きをした少年5人に、課題図書を読んでの感想文提出が命じられた
 米東部バージニア州でアフリカ系米国人の子どもが通う学校の校舎に人種差別的な落書きをしたとして器物損壊などの罪に問われた10代の少年5人に対し、裁判所がこのほど、読書や映画鑑賞を通じて世界観を広げるよう命じる判決を言い渡した。
 検察によると、16~17歳の少年5人は昨年9月30日、同州アシュバーンの学校の校舎に侵入してナチス・ドイツのかぎ十字や、わいせつな内容、「ホワイトパワー」などの落書きをしたとして、器物損壊と不法侵入の罪で起訴された。
 現場は地元のアフリカ系米国人の子どもたちのために1892年に設立された教会付属の学校だった。
判決は2月上旬、少年家庭裁関係地方裁判所のアベリーナ・ジェイコブ裁判官が言い渡した。検察によると、判決ではハーパー・リーの「アラバマ物語」、エリ・ヴィーゼルの「夜」、チヌア・アチェベの「崩れゆく絆」などを課題図書に指定。この中から選んで今後12カ月かけて1カ月に1冊ずつ読み、感想文を提出するよう命じた。
 読書に代えて映画を鑑賞することも認め、「シンドラーのリスト」「それでも夜は明ける」などの作品を指定している。
さらに、米ホロコースト博物館とアメリカ歴史博物館を見学して、自分たちの落書きがアフリカ系米国人の社会でどう受け止められたかに関する論文を書くよう指示した。
 この内容は、連邦検察のアレックス・ルエダ検事が提案したという。元司書の母をもつルエダ検事は、こうした作品から戦争や差別について多くを学んだといい、少年たちにも学んでほしいと思ったと語る。「世界で人々がジェンダー、人種、宗教の名の下にどれだけひどいことをしてきたか、目を見開いてほしい」という願いを込めた。

 たぶん、日本でも教育現場では、良識的な人がとりくんでいることだけど、それを司法が、社会全体がそうあれというメッセージだとも読める。そこがとても大事な気がする。

« 2017年02月12日の新聞社説 | トップページ | NHK世論調査 内閣支持58% 不支持23% »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/64885914

この記事へのトラックバック一覧です: 差別落書きの少年に「読書」の判決、課題図書も指定 米東部:

« 2017年02月12日の新聞社説 | トップページ | NHK世論調査 内閣支持58% 不支持23% »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31