« 2017年01月08日の新聞社説 | トップページ | 2017年01月09日の新聞社説 »

2017/01/08

ばっちゃん ~子どもたちが立ち直る居場所~

 昨日のNスぺ。

Img_01_1 去年、刑法犯罪で検挙された少年・少女は3万8921人。このうち再犯者の割合は36.4%と18年連続で増え、過去最高を記録した。格差の拡大や深刻化する貧困に伴い、子ども達が過ちを犯すリスクは高まる一方だが、ひとたび道を踏み外せば、ネット上に実名や写真がさらされ集中砲火を浴びるなど、つまずいた子ども達を支え、見守り、立ち直らせる社会の力は、以前にも増して脆弱になっている。こうした中、そんな子ども達に寄り添い、その立ち直りを支えてきた女性が広島にいる。“ばっちゃん”こと、元保護司の中本忠子(チカコ)さん82歳。6年前に保護司を引退した後も、自宅を開放し、親身になって相談にのっている。集まってくるのは、貧しさのあまり家で食事をとれない少年や、母親から虐待され続ける少女など様々。直面する問題は、現代社会が抱えるゆがみやひずみそのものだが、どんな絶望的な状況にある子ども達も、中本さんと触れあううちになぜか立ち直りの機会を見いだしていく。番組では、子ども達が中本さんとの交流を通して人生を取り戻していく過程をドキュメントする。

 まず、当事者の少年が顔出しということに驚いた。どううけとめればいいのか。たしかに、顔をぼかそうが、彼を素材として使う限り、誰だかはすぐ特定される。そこは、最初の判断が難しいのだろうけれども、あえて、彼を素材として選んだということ。まず、そこのすごさか。
 ばっちゃんの実践は、すごい。感服させられるし、はっきり言って、涙がとらないもの。うーん、すごい人がここにもいるなあ。子どもと向き合い、さらには、地域を変えていく。その広がりのとりくみも、ここでもすごいんだもん。

 だからこそ、本流を考えさせられる。子どもに向き合い、支える本流は、学校であり、保育であり、医療であり……。支流に、公的な施設があり、さらにその外側に、こうした支え手による居場所がある。こうしたとりくみによって、支え手が増えることは、社会を変える力にはなるが、やはり、本流を問いたいのだなあ。そして、社会のあり方の根底で何を問うべきかを。

« 2017年01月08日の新聞社説 | トップページ | 2017年01月09日の新聞社説 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/64736820

この記事へのトラックバック一覧です: ばっちゃん ~子どもたちが立ち直る居場所~:

« 2017年01月08日の新聞社説 | トップページ | 2017年01月09日の新聞社説 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31