« 2017年01月27日の新聞社説 | トップページ | 2017年01月28日の新聞社説 »

2017/01/28

東京23区だけで238人 20~30代の「孤独死」なぜ増えた

 なかなかこれはショッキングな記事。

東京23区だけで238人 20~30代の「孤独死」なぜ増えた(日刊ゲンダイ)

 「孤独死」といえば、独居老人というイメージが強いが、近年、20~30代の若者が自宅でひっそり亡くなり、発見されずに放置されるケースが増えているという。
 都監察医務院のデータによると、15年に23区内で孤独死した20~30代は計238人。男性が8割近くを占めている。13年は246人、14年は260人と、ここ数年は250人前後で“高止まり”している。
 「病死、不審死、自殺などの異状死のうち、自宅で死亡した一人暮らしの人――これが孤独死の定義です。ここ毎年、若者でも一定数います」(同院担当者)
 ちなみに厚労省では、「社会から孤立した結果、死後、長時間放置された事例」を「孤立死」としているが、若者の孤独死は何も都内に限った話ではない。
 日本少額短期保険協会の「孤独死の現状レポート」(16年3月)によると、年代別では男女とも60代が最も多いのだが、女性は30、40代がそれに次ぐ。発見までの日数は平均で死後20日というから、切ない。……

 若者の孤独死、女性の30代、40代というのもすごく注目される。アラフォー、シングル、非正規、子どもなしという崖っぷち感が伝わる。結城さんは次のようにコメントする。「若者の孤独死が増えたのは契約、派遣社員、フリーターの増加も一因です。彼らが数日間、無断欠勤したぐらいでは、会社は心配してくれない。体調不良で動けなくなっていても見過ごされがちで、亡くなっても気付かれにくい。また、一人っ子が増え、一人でいる方がラク、友達関係も希薄という若者が増えたせいもある。コミュニケーション能力が低下し、素直に感情を出したり、他人に助けを求めることができない若者は珍しくありません。家賃の支払いに困り、食生活が偏って体調を崩しても、友人はもちろん、家族にすら言い出せないのです」。うーん。

 ちなみに「孤独死の現状レポート」(16年3月)はこれ。

« 2017年01月27日の新聞社説 | トップページ | 2017年01月28日の新聞社説 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

親世代の貧困とワーキングプア 生活保護も受けられない 受けるとネトウヨに攻撃される

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/64819599

この記事へのトラックバック一覧です: 東京23区だけで238人 20~30代の「孤独死」なぜ増えた:

« 2017年01月27日の新聞社説 | トップページ | 2017年01月28日の新聞社説 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30