« シリーズ東日本大震災 それでも、生きようとした ~原発事故から5年・福島からの報告~ | トップページ | シリーズ 暮らしと憲法 第一回 女性 »

2017/01/11

2017年01月11日の新聞社説

《朝日新聞》
同一賃金指針 底上げへの一歩に
オスプレイ 問われる国会の役割

《読売新聞》
社会保障政策 働き方改革を総力で推進せよ

《毎日新聞》
歴史の転機 日中関係 立て直しに動く時期だ

《日本経済新聞》
「運べないリスク」の解消へ総合策が必要だ
日韓は感情論排した対応を

《産経新聞》
中国軍機の活発化 「日本海」進出への備えを
テロ準備罪 国際連携に成立欠かせぬ

《東京新聞》
原発被災地の医療 病院長の死が問うもの

 賃金にしろ、働き方にしろ、それが注目されることに、注目する。だけど、なかなか、本質を押さえた、雇用と労働の問題の真ん中をつくような議論にならないことに、いろいろイライラを感じるのだけど。うーん。では、どう議論をふっかけるのか?まずは、現状への見方、その要因をどう考えるかをすこしでも、共有することか?
 福島の医療、高野病院についての社説。これも、考えさせられる。

« シリーズ東日本大震災 それでも、生きようとした ~原発事故から5年・福島からの報告~ | トップページ | シリーズ 暮らしと憲法 第一回 女性 »

メディア」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/64749707

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年01月11日の新聞社説:

« シリーズ東日本大震災 それでも、生きようとした ~原発事故から5年・福島からの報告~ | トップページ | シリーズ 暮らしと憲法 第一回 女性 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31