« オスプレイ事故は「最重大級」 米機関が評価、沖縄名護海岸の墜落 | トップページ | 改憲論議の作法と緊急事態条項 »

2016/12/17

2016年12月17日の新聞社説

《朝日新聞》
日ロ首脳会談 あまりに大きな隔たり
米国次期政権 原則重んじる外交を

《読売新聞》
日露首脳会談 「領土」解決へ重要な発射台だ

《毎日新聞》
日露首脳会談 領土交渉の出口見えず

《日本経済新聞》
出方見極め冷静に対ロ交渉継続を

《産経新聞》
日露首脳会談 「法と正義」の原則崩せぬ 四島での共同活動は危うい

《東京新聞》
安倍・プーチン会談 互恵が歴史を動かす

 うーん。日露首脳会議。そのものの評価もそうだけど、これをメディアがどう使えたのかが、たぶん大事な問題。どうなのだろうか? 微妙。テレビは、TBSの屈服みたいな感じだなあ。かつて、決定的な対立をみせていたNEWS23がこんなことをやるのかって感じ。解散風は、弱まったといわれるが、こういうメディア対策を見ると、軽視できないなあ。

« オスプレイ事故は「最重大級」 米機関が評価、沖縄名護海岸の墜落 | トップページ | 改憲論議の作法と緊急事態条項 »

メディア」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/64637568

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年12月17日の新聞社説:

« オスプレイ事故は「最重大級」 米機関が評価、沖縄名護海岸の墜落 | トップページ | 改憲論議の作法と緊急事態条項 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31