« 台湾初の慰安婦記念館、3000万円超の資金不足 市民に支援呼びかけ | トップページ | 19~22歳扶養控除、縮小検討 給付型奨学金の財源に »

2016/10/19

2016年10月19日の新聞社説

《朝日新聞》
自民党草案 憲法観が転倒している
中国宇宙開発 何を目指しているのか

《読売新聞》
ユネスコと日本 記憶遺産の政治利用を許すな
憲法審査再開へ 生産的な改正論議を期待する

《毎日新聞》
自民党改憲草案 内と外で使い分けるな
日ソ宣言60年 意義と限界を踏まえて

《日本経済新聞》
代替フロンの効果的な削減へ法整備急げ
日ソ共同宣言から60年の現実

《産経新聞》
サムスン製スマホ 安全管理の徹底が責務だ
日露60年 「妥結ありき」の交渉排せ

《東京新聞》
日ソ共同宣言60年 二重の戦後処理果たせ

 憲法審査会をめぐる駆け引きがはじまる。安倍さんの最大の野望である改憲、その手がかりをつくろうといろいろなことをしかけてくる。自民改憲草案は、撤回はしないが、審査会には出さないという。撤回をしないは、自民の保守派、タカ派への配慮か。ここを温存しないと、改憲の行動部隊は確保できない。がしかし、改憲にすすむには、中道もふくめた取り込みが必要。ここに行動部隊がほしいが、つくれないという矛盾。そういうなかで、民進党をふくめて、議論を模索するという感じ。危険と、深い矛盾と。ただ、向こうは巨大議席だ。そこで、どう世論を味方につけることができるかだな。ここにきて、改憲反対がまた賛成を上回ったし。

« 台湾初の慰安婦記念館、3000万円超の資金不足 市民に支援呼びかけ | トップページ | 19~22歳扶養控除、縮小検討 給付型奨学金の財源に »

メディア」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/64370079

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年10月19日の新聞社説:

« 台湾初の慰安婦記念館、3000万円超の資金不足 市民に支援呼びかけ | トップページ | 19~22歳扶養控除、縮小検討 給付型奨学金の財源に »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30