« 2016年10月27日の新聞社説 | トップページ | 2016年10月28日の新聞社説 »

2016/10/28

南スーダン・PKO 自衛隊派遣を考える院内集会

14732193_1209361112457965_814140462 昨日の夜は、この集会に参加のために国会へ。この年になると夜の集会はきついなあ。実は、今日も、夜、取材に出かける予定だったけど、今日は遠い場所だったし、帰ったら11時過ぎる。明日も仕事だし、いまの体調を考えると、とてもとても。情けないなあ。昔は、全然平気だったのに。ほかに行く人いないしなあ。とてもマイナスなんだけど。
 さて、昨日の集会、まず清水さんが、憲法とPKOの原理的な話。PKO法ができたときの国会の議論の様子などもふりあえりつつ。そうあのときは牛歩で徹底抗戦だったんだ。たしかに、PKO法にかかわっては、一方で、原理的な議論は必要ではあるのだけど、いまどう議論するかは、かなり難しそうだ。
 続いて、谷山さんが、国際NGOから見たPKO。さすが谷山さんの話は、おもしろい。いったい、かの地では何がおこっているのか。PKOの実態はどうなっているのか。何に直面しているのか。たくさん、話を聞きたい。内戦にいたる南スーダンの経過や、だからこそ国連の実態はどうなってるのか? 人道支援はどうなされるのか?
 最後に、 柳澤さんの安保法制がはつどうすれば何がおきるのか。法制の矛盾だとか、そのために、現地の自衛隊で、そして国内政治で何がおこるのかという問題。なるほどの話。しかし、それだけに、現実政治と直結し、生々しく、難しい問題。うーん。
 ということで、さてどうなるの南スーダンPKO。いろいろ、準備のために、頭のなかは整理したぞ。
 あいさつを会場でいろいろして、帰りは、Oさんとおしゃべりしながら。昨日の夜はがんばった。


« 2016年10月27日の新聞社説 | トップページ | 2016年10月28日の新聞社説 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

沖縄県にしてみれば、高江などで暴言を吐いたりした大阪府警の機動隊連中を、南スーダンの駆けつけ警護にでも参加して来い、とでも言い放ってやりましょうか?

中国にしてみれば、それこそ、北朝鮮が、自らの喜び組の女性を、韓国軍に差し出して、南スーダンの駆けつけ警護にでも連れて行くがよい、と唆して頂くことで、韓国軍にしてみれば、アメリカの言いなりになって、南スーダンの駆けつけ警護に参加するならば、フランス軍が、イギリス軍から弾薬1万発を貰い、南スーダンの駆けつけ警護に、弾薬1万発を持って参りました、ということで応えて頂くのと同様に、韓国軍が、南スーダンの駆けつけ警護に、自らの意思で反乱軍兵士の性奴隷になってくれるという女性を連れて参りました、ということで応えて頂くことにすれば、アメリカ軍にしてみれば、中国軍に置かれましては、反乱軍兵士の慰安所でも作りたければ、この慰安所の警備の任務として、大阪府警の機動隊を連れて参りました、ということで応えて、そっと静かに腹の底で嘲笑いながら、働きかけて参りましょうか?

アメリカ軍にしてみれば、自衛隊員の皆様にたいしては、「南スーダンでのPKO活動のこれまでの任務、ご苦労様でしたと同時に、誠に有難うございました。この任務に就きましては、フランス軍と韓国軍に引き継いでもらいますから、自衛隊員の皆様に置かれましては、どうぞ誇りを持って、日本にお帰り下さい」ということで応えて頂くことで、日本に無事に南スーダンから帰国された自衛隊員の皆様にたいしては、統合幕僚長自らが、「南スーダンでのPKO活動の任務を無事に果たして頂き、お疲れ様でしたと同時に、誠に有難うございました」ということで応えて頂ければ、日本国民全体としては、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守りながら、「南スーダンのPKO活動に参加されました自衛隊員の皆様、お疲れ様でした」ということで、誇りを持って応えて参りましょうか?

フィリピンのデュテルテ大統領にしてみれば、南シナ海に、大阪府警の機動隊を派遣して頂くのであれば、中国の反日活動家を送り込み、この大阪府警の機動隊を容赦なく挑発するならば、この両者だけを一網打尽にして、現行犯逮捕して、そのまま中国に連れて行って下さって構いませんから、という発想の転換にでも利用してもらう様に、そっと静かに働きかけて行くとするならば、北朝鮮にしてみれば、アメリカから弾薬1万発を購入し、朝鮮総連にたいしては、日本会議に対して、大阪府警の機動隊と同じチンピラ屑男を、中国ならびに韓国の反日活動家を道連れにして、イスラム国にでも、この弾薬1万発を持って参りましょう。ということで朝鮮総連もまた、自らが囮となって、唆して貰うのであれば、シリアのアサド大統領に置かれましては、この弾薬1万発を没収し、この日本会議と朝鮮総連ならびに中国や韓国の反日活動家と、日本会議にしがみついてやってきただけのチンピラ屑男をまとめてイスラム国にそのまま横流しをして、アメリカに対して軍事介入を唆して貰うのであれば、世界中の自爆テロリストを一網打尽にして根絶やしにするという目的で、この日本会議を血祭りにして、イスラム国と共倒れさせるということで「オペレーションマヌケ」とでも称する軍事作戦として展開してもらう様に、そっと静かに働きかけて行くことで、日本会議に置かれましては、容赦なく血祭りにされたところで、どんどん涙を流し続けながら、「大日本帝国の馬鹿野郎!」とでも勝手に叫び続けながら、容赦なく、どんどん馬鹿にされることになろうとも、誇りを持って、どんどん涙を流し続けながら、そのままひっそりと見捨てられて下さい、これこそがお国のため、天皇陛下のため、なのだと思えば、これくらいのことはいくらでもできて当然のことだし、天皇陛下と共に、複雑な感情を抱きながらも、そっと静かに暖かく見守りながら、最後を見届けて参りますので、どうぞ心置きなく、どんどん涙を流し続けながら、どんどん全てを喪失し、そのまま多極化の捨て駒となって、歴史の闇の中に、ひっそりと消えて下さい、ということでこの代償として、財界をはじめ、全体主義にしがみついているだけの権力者こそが、アメリカの言いなりになって、どんどん譲歩するならば、誇りを持って、どんどん譲歩して、どんどん全てを喪失し、どんどん涙を流し続けながら、どんどん広地負けすることを誇りとして、国際社会にどんどん見せつけていくことも、お国のため、天皇陛下のため、なのだと思えば、幾らでもできて当然のことだし、これもまた、「毒を以て毒を制す」ということで、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守って参りますから、どうぞ心置きなく、どんどん譲歩して、どんどん涙を流し続けながら、どんどん一人負けして、どんどん泣き寝入りすることで、日本経済を沈没させることになろうとも惜しくはないし、経済的な豊かさはそれほどではなくても、軍事予算もどんどん減らし続けていくことで、結果的に「国破れて山河あり」ということも誇りとして、国際社会にどんどん見せつけていくことで、このまま多極化の流れの中に、名誉ある孤立化をして、ひっそりと没落させてしまうことになろうとも、全人類が共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来る様に、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことこそを誇りとして、このママの状態で、最低賃金の底上げと同時に、年収1075万円を超える富裕層だけが一人もいなくなってしまうことになろうとも、この範囲の中で、家族と共に、そっと静かに幸せに暮らすことが出来る様な社会とすることで、国際社会にも、どんどん見せつけて頂くことで、涙を流しながらも深く感謝をして応えて頂ければ、もうこれだけで十分ですから、とそっと静かに働きかけて参りましょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/64412432

この記事へのトラックバック一覧です: 南スーダン・PKO 自衛隊派遣を考える院内集会:

« 2016年10月27日の新聞社説 | トップページ | 2016年10月28日の新聞社説 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31