« 戦闘激化なら駆け付け警護せず=南スーダンPKOで稲田防衛相 | トップページ | 王の運命(さだめ) 歴史を変えた八日間 »

2016/10/29

2016年10月29日の新聞社説

《朝日新聞》
核禁条約交渉 被爆国が反対とは
中国共産党 一党支配は限界がある

《読売新聞》
大阪万博誘致 意義や経済効果が見えにくい
核兵器禁止条約 非保有国の亀裂拡大は残念だ

《毎日新聞》
核兵器禁止条約 橋渡し役を降りるのか
習氏「核心」に 独裁なら先行き不安だ

《日本経済新聞》
中国・習主席への集権で経済は大丈夫か
夕張の再生へもっと支援を

《産経新聞》
JR九州の上場 公共性忘れず地域支えよ
習氏と6中総会 独裁強化への懸念大きい

《東京新聞》
核兵器禁止条約 被爆国が反対するとは
ドイツの大転換 民意こそエンジンだ

 核兵器禁止にむけた交渉をはじめる条約への日本の反対。やはり、日本の外交史の一つの転換を意味するのだろうか。安倍さんのなって、純化する、力の外交。積極的平和主義の内実。そこまで、力に固執し、そして、力で世界のなかで、力をもちたいとのか。大国への野望とはよく言ったもの。うーん。

« 戦闘激化なら駆け付け警護せず=南スーダンPKOで稲田防衛相 | トップページ | 王の運命(さだめ) 歴史を変えた八日間 »

メディア」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/64414547

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年10月29日の新聞社説:

« 戦闘激化なら駆け付け警護せず=南スーダンPKOで稲田防衛相 | トップページ | 王の運命(さだめ) 歴史を変えた八日間 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30