« 非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング vol.19 すべての国が戦争を放棄する日 | トップページ | (インタビュー)ゆらぐ文民統制 元防衛事務次官・守屋武昌さん »

2016/09/01

軍事研究助成18倍 概算要求6億→110億円 防衛省、産学応募増狙う

 軍事大国化への野望と執念を感じてしまう。これは……!

軍事研究助成18倍 概算要求6億→110億円 防衛省、産学応募増狙う(東京新聞)

 防衛省は三十一日、過去最大の総額五兆一千六百八十五億円に上る二〇一七年度予算の概算要求を発表した。一六年度当初予算比2・3%増。このうち、企業や大学に対し、軍事に応用可能な基礎研究費を助成する「安全保障技術研究推進制度」予算として、一六年度の六億円から十八倍増となる百十億円を要求した。資金提供を通じ「産学」側に軍事研究を促す姿勢を強めた。(新開浩)
 この制度は、軍事への応用が期待できる基礎研究を行う機関に、最大で年約四千万円の研究費を三年間助成する内容。制度が創設された一五年度は三億円の予算枠に百九件の応募があり、九件が採用された。一六年度は予算を六億円に倍増したが、応募は前年度の半数を下回る四十四件に減少。採用は十件だった。
 応募が減った背景には、主に大学での軍事研究の拡大に対する研究者の警戒があるとみられる。新潟大学は昨年、学内の科学者の倫理行動規範に「軍事への寄与を目的とする研究は行わない」と明記。京都大は今年、学長らでつくる部局長会議が、軍事研究に関する資金援助は受けない従来の指針を再確認した。
 一方、自民党の国防部会は五月、軍事研究費の助成制度を百億円規模に増額するよう提言。多額の武器開発費を投じる中国への対策が必要だと強調した。これを受けた今回の大幅増要求により、防衛省は一七年度以降、研究テーマ一件当たりの助成費の増額や研究期間の延長を目指す。
 これまでに助成対象となったテーマは、レーダーに探知されにくいステルス性能が期待できる新素材の開発や、海中での長距離・大容量通信を可能とする新型アンテナの研究など。……

 民生の技術も組織をして、軍事の高度化をすすめていく。自民党が要望していた規模を、簡単に認める。それほど、強い政治的な要求になっているということか。
 昨日は、同時に、「防衛技術戦略」、「中長期技術見積り」及び「研究開発ビジョン」が発表されている。それを見ると、無人攻撃機の開発に着手ということが掲げられている。無人兵器とロボットへの傾斜が目立つのが軍事産業のいま。日本も本格的にそういう軍事大国化をすすもうとしている。
 だけど、ほかにも正面装備の強化もすごい。SM3、PAC3、F35、オスプレイ、潜水艦、空中給油機、無人偵察機……。図にのっているなあ。

« 非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング vol.19 すべての国が戦争を放棄する日 | トップページ | (インタビュー)ゆらぐ文民統制 元防衛事務次官・守屋武昌さん »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/64140129

この記事へのトラックバック一覧です: 軍事研究助成18倍 概算要求6億→110億円 防衛省、産学応募増狙う:

« 非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング vol.19 すべての国が戦争を放棄する日 | トップページ | (インタビュー)ゆらぐ文民統制 元防衛事務次官・守屋武昌さん »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30