« 背中を押されて | トップページ | 2016年09月26日の新聞社説 »

2016/09/26

首相の呼びかけで自民議員が起立・拍手 衆院議長は注意

 見ていた人が、みんな相当おどろいたよなあ。これは。

首相の呼びかけで自民議員が起立・拍手 衆院議長は注意(朝日新聞)

 安倍晋三首相が26日の衆院本会議で行った所信表明演説で、領土や領海、領空の警備に当たっている海上保安庁、警察、自衛隊をたたえた際、安倍氏に促された自民党の議員たちが一斉に立ち上がって手をたたき続けたため、約10秒間、演説が中断した。大島理森議長は「ご着席下さい」と議員らを注意した。
 安倍氏は演説で「現場では夜を徹し、今この瞬間も海上保安庁、警察、自衛隊の諸君が任務に当たっている」と強調。「今この場所から、心からの敬意を表そうではありませんか」と呼びかけた。これに自民議員らが呼応して起立。安倍首相も壇上で拍手をした。
 安倍氏と自民議員らの行動について、民進党幹部は「品がない。国会のルールを無視した最悪のパフォーマンス」と批判。日本維新の会の馬場伸幸幹事長は「ちょっと異常な光景だ。落ち着いて真摯(しんし)に議論をしあうという状況ではなく、自画自賛をするためにやっていると、言論の府ではなくなってしまう」と懸念を示した。生活の党の小沢一郎代表は「異様な光景だ。今までも日本の議会では見られないと思うし、北朝鮮か中国共産党大会みたいなアレで、ちょっとますます不安に感じた」と語った。
 一方、自民の高村正彦副総裁は同日夕の党役員会で「所信の演説の最中のスタンディングオベーションは、自分の経験上も初めてのことだった」と興奮気味に語ったという。二階俊博幹事長が役員会後の記者会見で明かした。二階氏自身は「総理に対する信頼がああいう形になって現れた」として、問題視しない姿勢を示した。

 安倍さんの演説で、みんなが立ち上がって拍手するということの異様さ、気持ち悪さもある。北朝鮮みたいというのは、ほんとうにそうでしょうね。
 だけど、今日の所信も異様な内容だった感じがする。
 これがその所信表明演説。
 リオの話を政治に重ねる冒頭から異様。しかし、その感覚がない。被災地へのまなざしの異常。うーん。そして、経済の話が延々と続くがそこでも、パラリンピックがまた。ここの政策の中身についてはまた別の機会に。
 そして演説は外交へとすすむのだけど、ここでもリオの難民選手団の話から。政治の役割ということへの無理解があるよなあ。ここでも得意の外交観=いわば彼のいうところの積極的平和主義なるものがベースにあるような話が続く。この流れの中で、自衛隊などへの感謝のくだりとなるのだけど。そして、天皇問題。最後の空疎な話…。だれが、台本をつくっているのかなあ。これは!

« 背中を押されて | トップページ | 2016年09月26日の新聞社説 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/64262833

この記事へのトラックバック一覧です: 首相の呼びかけで自民議員が起立・拍手 衆院議長は注意:

« 背中を押されて | トップページ | 2016年09月26日の新聞社説 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31