« 農水に山本有氏、五輪は丸川氏=文科・松野氏、地方・山本幸氏-改造内閣今夕発足 | トップページ | 大分・隠しカメラ 署員、無断で3回侵入 「不当な監視」 »

2016/08/04

武器輸出と日本企業

31e7n8wrnil_sx310_bo1204203200_ やっと読み終えたけど、いやあ、面白かった! このテーマでのシンポジウムなどで、さっそうと質問する望月記者の姿を見たことはある。なかなか、かっこいい人だった。とっても若い、2人の子持ちの記者さんで、このテーマをはじめて2年というのも驚きなのだけど、この2年の変化をよく取材しているなあと、つくずく、頭が下がる。
 内容的にも、武器輸出3原則の解禁から、武器産業の現場の取材へと展開する。一方で、きわめて慎重な動きは、家電などを扱う企業にはあるが、もう一方で、効率化を図りつつ、その大きな展開をめざす企業もある。そういう狭間の中で、オーストラリアへの潜水艦輸出をめぐる問題などもおこったわけで。その事情もわかる。さらに、本書では、大学や研究機関の軍事研究解禁へとすすんでいく。東大など最高学府で何がおこっているか、そしてデュアルユースをめぐる問題。一方で、大学などの議論も、ここまできてしまっているのかとあらためて考えさせられる。それぐらい、研究費の枯渇と、容認の議論の広がり。そして、そこですすんでいるのは、無人機という最新兵器であったり、ロボットであったり。戦争の機械化ともいえる事態でもある。うーん。ただ、たぶん、より深刻な事態がありつつ、取材できていない分野もあるのだろうなって、推測はできる。古典的な重工業系もそうだが、そこと一体にあるような情報分野なども、どうなのだろうか?
 いずれにしろ、あまり報道されない分野で、これだけまとまって本になると読みごたえもあるし、役に立つ。

« 農水に山本有氏、五輪は丸川氏=文科・松野氏、地方・山本幸氏-改造内閣今夕発足 | トップページ | 大分・隠しカメラ 署員、無断で3回侵入 「不当な監視」 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/64010693

この記事へのトラックバック一覧です: 武器輸出と日本企業:

« 農水に山本有氏、五輪は丸川氏=文科・松野氏、地方・山本幸氏-改造内閣今夕発足 | トップページ | 大分・隠しカメラ 署員、無断で3回侵入 「不当な監視」 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31