« 時代の正体 シールズ最後の会見 民主主義考 | トップページ | NHK「貧困高校生」報道 炎上の異常 »

2016/08/18

品川の保育園 開園1年で事業者の契約解除 公設民営で問われる質

 うーん。こんな事件が。公設民営で委託という問題のあるけれども……。

品川の保育園 開園1年で事業者の契約解除 公設民営で問われる質(東京新聞)

 東京都品川区が待機児童解消策として、公設民営で今年四月に開園した認可保育所「区立ひろまち保育園」の保育事業者が、開園からわずか一年で交代する見通しとなったことが分かった。区は、委託している社会福祉法人の運営費の使用方法に、不透明な部分があることを問題視。本来は五年間の契約だったが、来年三月で契約を解除する合意文書を十九日にも法人側と交わす。園は存続するものの、民間委託の保育の質が問われている。
 区が公設民営で開設したのはひろまち保育園が初めて。定員数は区で最大規模の三百人。現在、約三十人の保育士が勤務し、約百八十人の園児が通っている。区は公募に応じた複数業者から、各地で保育園を運営する社会福祉法人「夢工房」(本部・兵庫県芦屋市)を選んで委託。経験豊富な点などを評価したという。二〇二一年三月までの五年間の契約で、毎月二千二百万円を運営費として補助してきた。
 法人を巡っては、兵庫県内で運営する保育所で、男性理事長の親族らが架空勤務で給料を受け取っていたことなどが判明し、県は六月、少なくとも運営費約二千七百五十万円が不正流用された疑いがあると発表した。
 関係者によると、ひろまち保育園についても、区が開園時の条件にしていた常勤の看護師などの配置がないまま給与分の運営費を受給していた。備品の購入でも不透明な支出をしていた可能性もあり、区は兵庫県で問題が発覚した六月以降、調査を進めてきた。
 区は、法人理事長らが園の運営に関与しないなどの条件を法人側に示したが、法人側によると「区が示した条件は受け付けられない」と主張。双方の折り合いが付かず、来年三月に法人が運営から撤退することになった。
 法人側は、取材に対し、看護師を配置していなかったことは認めたが、「人員配置も適正で備品購入も問題はない」と話した。
 区は法人と契約解除の文書に調印したうえで、八月中にも新たな保育事業者を募集する予定。区は取材に対し「詳細については答えられないが、保護者には適切に情報提供し、不安を与えないよう努める」としている。……

 そもそも規模の大きさというものが気になる。そのうえで、きちんと質的なものを確保するような制度設計になっていたのかなあ。だけど、この法人って、兵庫県の法人。それを品川区が??? うーん、選定そのものが、何か変? 経済的効率優先の臭いもプンプンするけどなあ。どういうことだろう。どこから、保育制度の設計がこんなにもおかしくなったんだろうか?ちょっと、びっくりするようなニュース。

« 時代の正体 シールズ最後の会見 民主主義考 | トップページ | NHK「貧困高校生」報道 炎上の異常 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

まさかとは言え、「保育園落ちた、日本死ね」ということに対して、これをごまかし、自らが、この責任から逃れたいがために「頭隠して隠さず」というボロを、自ら白状してくれたものではないかというのが、このような事件の本質ではないかと思わず想定すれば、中国外務省に限らず、韓国や北朝鮮にしてみれば、これを逆手に取れば、北朝鮮が中国や韓国の反日活動家をイスラム国にでも送り込むのであれば、アメリカからオスプレイと弾薬1万発を購入し、朝鮮総連に対して、日本会議に対して、この弾薬1万発とオスプレイを、韓国軍を護衛につけて貰いますから、どうぞイスラム国にでも届け出て下さい、とでも唆して頂くことにでも利用しようとなんてことになれば、もうさすがに怒りを通り越して、聞いて呆れるばかりとしか言い様がないのですが?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/64077464

この記事へのトラックバック一覧です: 品川の保育園 開園1年で事業者の契約解除 公設民営で問われる質:

« 時代の正体 シールズ最後の会見 民主主義考 | トップページ | NHK「貧困高校生」報道 炎上の異常 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30