« 「健康で文化的な生活」は何処へ?~権利としての生活保障を求めて | トップページ | 安倍内閣「支持する」48% 「支持しない」36% »

2016/07/18

本社世論調査 参院選結果に46%が「不満」

 都知事選の動向も気になるが、それはもっぱらSNSで。さて、参院選の結果について。なかなか、難しい。

本社世論調査 参院選結果に46%が「不満」(毎日新聞)

 今回の参院選の結果に「満足していない」との回答は46%で、「満足している」の40%を上回った。内閣支持層では「満足している」が74%だったのに対し、不支持層では「満足していない」が85%に上った。「満足している」層の74%は、国会で憲法改正の議論を進めることに「賛成」と答えた。選挙結果を評価する層は改憲議論に前向きだ。一方、「満足していない」層は国会での論議に「反対」51%、「賛成」42%と分かれた。
 民進、共産など野党4党は参院選の「1人区」(改選数1)で候補者を一本化した。この野党の選挙協力は、「評価する」42%、「評価しない」41%と拮抗(きっこう)した。
 1人区の結果は「自民党21勝、野党11勝」で、民進党内には次期衆院選に向けて協力関係を見直すべきだという意見がある。しかし、民進支持層の6割強は「評価する」と答え、共産支持層でも「評価する」が7割を超えた。「支持政党はない」と答えた無党派層では「評価する」「評価しない」がともに41%だった。
 参院選の期間中、テレビ各局の選挙報道が少なかったという批判が出ている。テレビの参院選報道は「妥当だ」が52%で、「少なかった」の24%の倍以上になった。「多かった」は4%だった。

 「国会で改憲の議論を進めることに「賛成」という回答は51%を占め、「反対」の32%を19ポイント上回った」という。だけど、なぜ、「不満」なのか。論理的に考えれば、選挙のありようが問題になるはず。それは、一つは、選挙制度にあるはずだけどどうなのか。そして、選挙に参加していくうえで、キーになるのは、報道の問題だろうし。もう少し、議論を深めたい、この「不満」について。そこから憲法の問題についても、読み方は変わってくると思うけど。

« 「健康で文化的な生活」は何処へ?~権利としての生活保障を求めて | トップページ | 安倍内閣「支持する」48% 「支持しない」36% »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/63934513

この記事へのトラックバック一覧です: 本社世論調査 参院選結果に46%が「不満」:

« 「健康で文化的な生活」は何処へ?~権利としての生活保障を求めて | トップページ | 安倍内閣「支持する」48% 「支持しない」36% »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30